家が売れない時の値下げのタイミングは超重要

東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県限定!高値売却のチャンス!

家はそう簡単に売れるものではありません。

特に中古戸建の場合は、それなりに傷んでいますし、知らない人が済んでいる家という事で、新築を購入するよりも警戒心が高くなってしまいます。

実際に家を売りだしてから数日経過しても、何の問い合わせも無い日が数週間、長ければ1ヶ月2ヶ月と続く事もざらにあります。

このような状況に陥ると、

「販売価格が高すぎたのかな?」

「値下げをした方が良いのでは?」

と思う事は当然ですが、この値下げのタイミングは超重要になりますので安易に家の値段を下げる事はしない方が良いでしょう!

今回は、家の値下げのタイミングについて解説していきますので、これから家を売る予定がある方は後悔しない為にも是非覚えておいてください。

スポンサーリンク

家の値下げのタイミングはいつ?

家を売りに出してから見込み客が無い場合や、問い合わせすらない場合は「値下げ」を検討する事になります。

しかし、この値下げのタイミングは本当に難しく、安易に家の値段は下げない方が賢明と言えるのです。

例えば、売り出し開始から1ヶ月が経過したにも関わらず1本の問い合わせすらないと言う場合は、誰でも焦り始めると思います。

しかし、この段階で値段を下げてしまのはおすすめできません。

なぜなら、家を売りだしてから1ヶ月程度だと新規売り出し物件として市場に浸透していない可能性が高いからです。

つまり、あなたの家が売りに出されている事をまだ知らないと言う人や業者がたくさん居るという事です。

新規売り出し物件が市場に浸透するまでに必要な期間は、地域や物件にもよりますが「2~3ヶ月」ぐらい必要になります。

もちろん人気エリアで常にユーザーや業者が物件情報を探しをしている場合は、販売開始から1ヶ月もしないうちに問い合わせの連絡は入るでしょう。

しかし、そうでない場合は、やはり2~3ヶ月程は我慢する必要があるのです。

ですから、ここで値段を下げてしまうと、

「欠陥があるのでは?」

「何か問題があるの?」

「もう値下げ?怪しい・・・」

と思われてしまい、警戒される可能性があるのです。

本気で家を探している方は、毎日のように不動産ポータルサイトや折込み広告等で新規物件の情報を見ていますので、簡単に値段を下げる事はしない方が良いのです。

それから、購入希望者のほとんどは、広告や不動産ポータルサイトでチェックしたとしても、すぐには問い合わせをしません。

しばらく様子を見て、

「他にも良い物件が出ないか」

「値段は下がらないか」

等をチェックしてから行動に移して問い合わせを行います。

ですから、くれぐれも1ヶ月で値下げの判断をしないようにしてください。

適切な第1回目の値下げのタイミング

もし値下げをするのでしたら、適切な第1回目の値下げ時期はいつぐらいになるのだろうか?

と疑問に思っている方も多いと思います。

家を売りだしてから値下げをするタイミングは、物件種別や地域、築年数等にもよるのですが、「最低3ヶ月は経過してから」の方が良いでしょう。

上記でも述べましたが、新規物件が市場に浸透するまでに2~3ヶ月程かかります。

ですから、3ヶ月経過しても問い合わせの電話が1本すらないと言う場合は、そこで初めて値下げをした方が良いでしょう。

しかし、問い合わせや内覧希望者の様な見込み客が居る場合は値下げはしない方が良いでしょう。

なぜなら、その様なお客様が家を実際に見てくれて、気に入ったら購入希望者の方から価格交渉をしてくるからです。

ですから、問い合わせがや内覧がが入っている間は値下げをせずに、しばらく様子を見た方が良いでしょう。

値下げのタイミングは非常に難しいのですが、優秀な営業マンが担当についてくれましたら、的確なアドバイスをしてくれて、常時に相談に乗ってくれるので、家を売る時はまずは優秀な営業マンを見つけるという事が重要になってくるでしょう。

参考:不動産業者の優秀な営業マンの見つけ方

値下げをする時の適切な値下げ額いついて

あまりにも長期間家が売れなければ値下げも考えていかなければなりません。

その場合、

「どれぐらい値下げをするのか?」

という事が重要になってきます。

例えばですが、2,580万円で売り出していたとします。

人によっては少しでも高い価格で売りたいから、毎月10万円ずつ値下げをしていくと言う人も居ます。

しかし、この場合だと2,580万円が2,570万円になるだけなので何のインパクトもありませんし、ほとんどの人が気づかないでしょう。

ですから、どうせ値下げをするのであれば、誰が見ても分かるようなインパクトのある値下げをした方が目立って良いのです。

2,580万円で売り出しているのでしたら、「2,500万円」にしたり、「2,480万円」にした方が気持ちが良いですね。

中には一気に200万円程値下げをする売主も居るみたいです。

もちろん最低手元に残したい金額があると思いますので、値下げ幅は人それぞれですが、たかが10万円ぐらいの値下げならしない方が良いでしょう。

値下げをする時は、最低でも50万円ぐらいは値下げ幅として考えておくべきなのではないでしょうか。

それから値下げをする時は、

「いくらまで下げるのか」

「何回値下げをするのか」

という事を明確にしておいた方が良いでしょう。

なぜなら、何回も値下げを行ったりすると購入希望者に怪しまれてしまうからです。

「また値下げ!欠陥があるのでは?」

「何か問題があるから値下げしてるの?」

「値下げしすぎて逆に怪しい・・・」

と思われてしまうので、値下げをする回数は2回まで、多くてもせいぜい3回ぐらいでやめておいた方が良いでしょう。

以上のように家が売れない時の値下げのタイミングや価格は超重要になってきます。家が売れないからと言ってすぐに値下げをしてしまうのも良いイメージを与えませんし、何度も何度も値下げを行うのも怪しまれるので、適切な値下げ額とタイミング、それから回数が重要になってきますので、値下げを検討する際は十分ご注意ください。

家を売るならHOME4Uの一括査定で比較見積もりがおすすめ!な3つの理由

家を売るならHOME4Uの一括査定で複数の不動産業者に査定依頼をすることをおすすめします。

複数の不動産業者に査定依頼をした方が、比較見積もりできますので一番高い価格で家を売ることが可能となります。

理由①:街の不動産屋さんに家の売却依頼をすると100万円以上損をすることがある!

近所にある街の不動産屋さんは売却力に欠けています!そのため100万円以上損をすることもよくあるのです・・・

しかし、HOME4Uに登録している不動産業者は、信頼と実績が豊富な仲介を専門としている業者ばかりなので、最高額で家を売ることができるのです!

販売方法一つで家の価格は大幅に変わってしまいますので、後悔しないように注意が必要になります。

100万円以上高く売るならHOME4Uの一括査定をぜひご利用ください!

理由②:HOME4Uに提携登録している不動産業者は販売力が高い優良業者!

HOME4Uは不動産一括査定サイトの中でも実績16年の老舗になりますので、不動産業者が提携登録するにはかなり厳しい審査があります。

つまり、実績と信頼性が無い不動産業者はHOME4Uには登録できないと言うことなのです。

他の不動産一括査定サイトと比較するとよく分かりますが、HOME4Uに登録している業者数は半分ほどになります。

これは、お客様に安心して利用してもらうために、不動産業者を厳選しているからなのです!

ですから、HOME4Uには販売力が高く実績の豊富な優良不動産業者しか登録していないと言うことになります。

理由③:最も高い価格で家を売ることができる!

HOME4Uの一括査定を利用することで全国550社のうちから最大6社を選んで査定依頼をすることができます。

そして、その中から最も高い価格で好条件の査定結果を出してくれた業者を選択することが可能となります。

売却が終わってから「もっと高い価格で売れたのでは・・・」と後悔しないためにもHOME4Uで比較見積もりすることをおすすめします。

ご利用者数年間400万人!売却査定数累計20万件!実績16年の信頼できるHOME4Uの不動産一括査定サービス

東証一部上場企業のNTTデータが運営する「HOME4U」は、全国にある大手不動産業者を含む500社の優良業者を厳選して提携している不動産一括査定サイトです。550社の不動産業者の中から最大6社を自由に選択し、一括してあなたの家の査定を無料で行ってくれるとても便利なサービスになります。

HOME4Uで家の一括査定をしてみる>>

参考:私が自宅の売却に成功した体験談

スポンサーリンク

いつもご購読ありがとうございます!

東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県限定!高値売却のチャンス!

不動産一括査定に満足しなかった方はソニー不動産の無料査定をお試しください。「東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県」の1都3県限定になりますので、他府県の家を売る場合はご利用になれませんのでご注意ください。ソニー不動産だからできる高値売却の秘密は公式サイトでチェックできます。