住んでいない家が売れない場合はどうなるの?買い手がつかない一戸建てやマンションを売る方法!

東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県限定!高値売却のチャンス!

住んでいない家、もしくは住まなくなる家を売りに出しているけど、全く売れない状況が続き10年以上経過してしまう場合もあります・・・

これは一戸建ての家でもマンションでも現実的に起こり得る話なので注意が必要になります。

住んでいない一戸建ての家やマンションを放置しておくと、大変なことになってさまざまなトラブルの原因にもなり兼ねませんので、なるべく早い段階で売却してしまいたいと思います。

そこで今回は、住んでいない一戸建ての家やマンションが売れない場合の対処法について解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

家に買い手がつかないまま放置するとどうなるの?

家を売却に出しているにも関わらず一向に売れる気配がない・・・

このような場合は、一戸建ての家もマンションも「固定資産税」だけを永遠と払い続けることになってしまいます・・・

しかも、マンションの場合だと固定資産税に加えて「管理費・修繕積立金」を払い続ける必要があるのです・・・

住んでいない家と言うことは住宅ローンは無いと思いますが、もし住宅ローンがあれば毎月の返済も必要になってきます。

株でも同じような状況で塩漬けになることがありますが、家の場合は株とは違い所有している限り何かしらの費用が永遠と必要のになります。

こうなってしまうと、もはや資産ではなく負債と考えなければなりません・・・

不動産の特徴は、所有権を放棄できないと言う点です。

つまり、所有している限りは固定資産税は永遠と払い続ける必要があると言うことなのです。

一戸建ての場合は必要な費用は固定資産税ぐらいですが、マンションだと固定資産税に管理費修繕積立金等が必要になりますので、年間トータルするととんでもない出費になってしまいます。

このような買い手がつかないまま放置している不動産は今現在でもたくさんあります。

バブル期に流行ったリゾートマンション等も買い手がつかないまま放置状態となっている物件が多く存在し、今では販売価格がたったの10万円と言う物件も珍しくありません・・・

それでも売れないのが現実なのです。

不動産は売る時期を見誤ると永遠に売れない可能性がありますので、もし相続等で手に入れた不動産を所有しているのでしたら、少しでも早く売却活動をはじめて、大損しない程度で売却することをおすすめします。

くれぐれもその物件で家賃収入なんて安易な考えはしないようにしてください。

また、空き家のマンションを所有している場合で大規模修繕等が実施された場合で、修繕積立金等が足りなければ、所有者が追加で負担しなければならない可能性も考えられますのでご注意ください。

一戸建ての家が売れない場合の対処法

一戸建ての家を相続して売りに出したり、以前住んでいた家を売りに出しているけど一向に買い手がつかない・・・

こんなこともよくあると思います。

そんな時は、販売価格を見直してみてください!

その不動産を売却して利益を得ようとしていませんか?

利益を得たい気持ちはよく分かりますが、永遠と売れ残ることを考えたら、損をしない程度の価格で売却してしまった方が良いと思います。

住宅ローンが残っているなら話は別ですが、住宅ローンの残債も無い場合は、大損しない程度の価格で売却することをおすすめします。

建物を解体して更地で売却する

古家が建っている場合は、見栄えの悪さで家が売れない可能性もあります。

その家が現状のまま住む事が難しいぐらい傷んでいるのでしたら、解体して更地の状態で売却活動を行った方が良いと思います。

更地にする事で雰囲気がガラッと変わりますので、新築用地を探している人に売れる可能性が高くなります。

ですから、現在建っている家が古くて見栄えが悪いのでしたら、解体してから売却活動をするようにしましょう。

売買価格の見直しをする

一戸建ての家が売れない原因の一つに、売買価格があります。

不動産にはある程度の相場がありますので、相場に見合った売買価格で売却活動しないと売れるものも売れなくなってしまいます・・・

相場が2000万円の家なのに3000万円で売却活動をしても確実に売れません!

家の売買価格は所有者であるあなたが決めるものですが、あまりにも相場からかけ離れているといつまでたっても売れないでしょう。

ですから、もう一度しっかりと相場をチェックして売買価格の見直しを行ってみることをおすすめします。

価格交渉に応じる勇気も必要

一戸建ての家やマンションは、価格が高いので価格交渉が入るときがあります。

いわゆる値引きのことですが、売買価格が3000万円だけど2900万円なら買いますと言うようなケースになります。

このような場合は歩み寄ることも大切になります。

住宅ローンが残っている場合でどうしても3000万円必要と言う場合もありますが、売れずに一生残ってしまうことを考えると、100万円値引きしてでも購入希望者がいるのであれば値下げして売却することをおすすめします。

営業マンに問題がある場合も

家が売れない理由に、依頼している不動産業者の営業マンに問題がある場合もあります。

非常に残念な話ですが、営業力が無い業者に依頼している場合は、業者の見直しを検討することをおすすめします。

特に、問い合わせがあるのに売れない場合や、内覧に訪れているのに家が売れないと言う場合は、営業マンに問題がある可能性が高いです。

思い当たる節がある場合は、思い切って売却依頼している不動産業者の変更をするようにしてください。

HOME4Uのような不動産一括査定サイトを活用すれば、優良な不動産業者が簡単に見つかりますので、3ヶ月間売却活動してみて家が売れない場合は業者変更をおすすめします。

HOME4Uで家の一括査定をしてみる>>

マンションが売れない場合の対処法

マンションが売れない場合も同じで、一番初めにするのは「販売価格の見直し」になります。

特に住宅ローンがない場合で誰も住んでいないのでしたら破格に安い価格で売却するのがおすすめです。

相場が2,000万円なら1,500万円ぐらいで売りに出すと、すぐに買い手が見つかる場合もあります。

住んでいるのでしたら話は別ですが、そのまま置いていても「固定資産税・管理費・修繕積立金」だけで年間に必要な費用は相当な金額になります。

その費用を何十年も払い続けることを考えれば、たとえ破格に安い価格でも買い手がつくのであれば売却しておいた方がいいでしょう。

今でしたらそれほど大きな損にはなりませんが、何十年も所有し続けると大損してしまう事になりますので、早めに売却した方がいいでしょう。

マンションが解体されるまで所有しておく

マンションが解体されるまで所有しておくと言う選択肢もあります。

何十年も経過したマンションは寿命とともに解体されることもあります。

ただし、その間は当然固定資産税や管理費・修繕積立金の支払いは必要になります。

しかも、解体するのにも費用がかかりますので、その時に修繕積立金が不足している場合は追加で支払わないといけなくなる可能性もあります。

ただし、解体して更地にしてしまえば古いマンションのままよりは確実に売りやすくなります。

そして、売却した土地代金を住民で分けることになります。

このような場合で立地条件が良ければ解体して更地で売却することで利益が発生する場合もありますが、立地条件が悪い場合は売れるかどうかすら分かりません。

それに、マンションの解体を行うには「マンション住民の80%」の合意が必要になりますので、そう簡単な話ではありません。

しかし、場合によっては解体が必ずしも悪いと言うことではないので、もしかすると解体した方が良い場合もあります。

まとめ

売りに出している家が売れ残ってしまうと大変なことになってしまいます。

ですから、売れ残っている住んでいない家を所有しているのであれば、相場より安くしてでも売却してしまった方がいいでしょう。

不動産は資産とも言われていますが、誰も住んでいない家や、収益でも回せていない空き家状態の不動産は資産と言うよりも負債に近いので、さっさと手放してしまった方がいいでしょう。

少しぐらいの損で済むのなら、覚悟を決めて売っておいた方がいいでしょう。

不動産は売る時期を見誤ると一生売れ残る可能性もありますので注意が必要になります。

一生売れ残ると言うことは、一生固定資産税等を払い続けると言うことです。

そうならないためにも、売却専門の不動産業者が参加しているHOME4Uのような不動産一括査定サイトを利用して、売却に強い不動産業者に相談してみてはいかがでしょうか。

家を売るならHOME4Uの一括査定で比較見積もりがおすすめ!な3つの理由

家を売るならHOME4Uの一括査定で複数の不動産業者に査定依頼をすることをおすすめします。

複数の不動産業者に査定依頼をした方が、比較見積もりできますので一番高い価格で家を売ることが可能となります。

理由①:街の不動産屋さんに家の売却依頼をすると100万円以上損をすることがある!

近所にある街の不動産屋さんは売却力に欠けています!そのため100万円以上損をすることもよくあるのです・・・

しかし、HOME4Uに登録している不動産業者は、信頼と実績が豊富な仲介を専門としている業者ばかりなので、最高額で家を売ることができるのです!

販売方法一つで家の価格は大幅に変わってしまいますので、後悔しないように注意が必要になります。

100万円以上高く売るならHOME4Uの一括査定をぜひご利用ください!

理由②:HOME4Uに提携登録している不動産業者は販売力が高い優良業者!

HOME4Uは不動産一括査定サイトの中でも実績16年の老舗になりますので、不動産業者が提携登録するにはかなり厳しい審査があります。

つまり、実績と信頼性が無い不動産業者はHOME4Uには登録できないと言うことなのです。

他の不動産一括査定サイトと比較するとよく分かりますが、HOME4Uに登録している業者数は半分ほどになります。

これは、お客様に安心して利用してもらうために、不動産業者を厳選しているからなのです!

ですから、HOME4Uには販売力が高く実績の豊富な優良不動産業者しか登録していないと言うことになります。

理由③:最も高い価格で家を売ることができる!

HOME4Uの一括査定を利用することで全国900社のうちから最大6社を選んで査定依頼をすることができます。

そして、その中から最も高い価格で好条件の査定結果を出してくれた業者を選択することが可能となります。

売却が終わってから「もっと高い価格で売れたのでは・・・」と後悔しないためにもHOME4Uで比較見積もりすることをおすすめします。

ご利用者数年間400万人!売却査定数累計20万件!実績16年の信頼できるHOME4Uの不動産一括査定サービス

東証一部上場企業のNTTデータが運営する「HOME4U」は、全国にある大手不動産業者を含む500社の優良業者を厳選して提携している不動産一括査定サイトです。900社の不動産業者の中から最大6社を自由に選択し、一括してあなたの家の査定を無料で行ってくれるとても便利なサービスになります。

HOME4Uで家の一括査定をしてみる>>

家を売るときの10ステップをご紹介!この流れさえ理解しておけば失敗することはありません!

2017.02.05

スポンサーリンク

いつもご購読ありがとうございます!

東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県限定!高値売却のチャンス!

不動産一括査定に満足しなかった方はソニー不動産の無料査定をお試しください。「東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県」の1都3県限定になりますので、他府県の家を売る場合はご利用になれませんのでご注意ください。ソニー不動産だからできる高値売却の秘密は公式サイトでチェックできます。