買付証明書(購入申込書)は契約ではないのでいつキャンセルされるか分からない!

東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県限定!高値売却のチャンス!

家の売却活動がはじまりますと、不動産業者の案内で購入希望者が内覧に訪れます。

そして、気に入っていただければ「買付証明書(購入申込書)」を買主から売主へ渡されます。

しかし、この購入明細書は契約でも何でもないのでいつでもキャンセルできる書面になるので、買付証明書を受け取ったからと言って安心できないのが現実です。

買付証明書を受け取ってから契約までの流れを如何にスムーズにできるかで契約に至るかの分かれ目となることもあるので注意が必要になります。

今回は買付証明書のキャンセルについて解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

買付証明書は購入の意思表示をするためのもので契約ではない!

買付証明書を受け取ったからと言って家が売れたわけではありません。

買付証明書は契約書ではなく何の効力もなく拘束力が無いので購入希望者はいつでもキャンセルできる状態に在るのです。

買付証明書はあくまでも「購入意思を示すための書面」で、価格交渉等の条件交渉にも利用される書面になります。

ですから、買付証明書を受け取ったからと言って安心するのはまだ早いのです。

しかし、買付証明書を受け取ったと言うことは少なからずあなたの家に興味をもって購買意欲が湧いたと言うことには間違いありませんので、その後の契約までの流れが重要になってくるのです。

買付証明書で購入申込後にキャンセルされても違約金の対象ではない・・・

買付証明書を受け取ったと言うことは、購入希望者が売主に対して購入を申し込んだことになります。

しかし、この段階では契約をしていませんのでいつキャンセルされてもおかしくは無いのです。

しかも、契約を締結していない状態になりますので違約金等も発生しません。

このようにキャンセルをしても何も罰則は無いので、購入希望者からすると気楽にキャンセルする事ができるのです。

ここで忘れてはいけない事が、売主であるあなたは自分の家を売りたいことに対して、買主側はあなたの家も含め他の物件の中から自分が購入する家を選びたい放題なのです・・・

つまり、売主側は不利と言うことです。

ですから、交渉次第ではすぐにキャンセルされてしまう可能性もありますので、慎重に行わなければならないのです。

買付証明書を受け取ったからと言って安心してはいけないと言うのはこういうことだからです。

ですから、買付証明書の段階ではいつでもキャンセルされるものだと割り切って交渉に挑むようにしましょう。

もしキャンセルされてしまいましたら、キャンセルした理由だけは確認するようにしてください。

内容次第では次に繋がりますので、キャンセル理由も聞いておきましょう。

買付証明書の受取り後キャンセルされないためにも早めに契約まで持ち込みましょう!

買付証明書を貰った段階ではお互いに拘束力はないので、いつでもキャンセルできる状態になります。

つまり、買付証明書だけでは安心できないと言うことです。

購入希望者は買付証明書を売主に渡したからと言って、物件探しをやめるわけではないのです。

契約していない以上は、いつでも新しい物件を求めて探しているのです。

ですから、なるべく早い段階で契約まで持ち込んだ方がいいでしょう。

買付証明書を受け取ってからの交渉で一番時間がかかるのは「価格交渉」になります。

お互いが納得できる価格でないとなかなか合意を得る事ができないので、どうしても時間がかかってしまいます。

そうこうしているうちに他の物件に目移りしてキャンセルになることも・・・

そうならないためにも、売主側からの譲歩が必要になることもあります。

かと言って、全ての条件の飲む必要は無いので、あくまでも歩み寄りと言うかたちでいいと思います。

以下の記事で価格交渉術について解説していますので、売却をスムーズに成功させる為にも参考にしてみてください。

買付証明書(購入申込書)を受取った時の価格交渉術を徹底解説!

2017.02.06

それから、価格交渉以外にも引き渡し時期等の問題で契約に至らない場合もあります。

例えば、売主が買い替え等の場合で新しい家の完成時期が半年後と言うようなケースです。

こうなると、引き渡し時期が半年後になりますので、今すぐ買いたい購入希望者からすると購入するに値しない物件となってしまいます。

極端な例ですが、このように引き渡し時期がお互いの希望に沿わない場合は契約まで至らないと言うケースもあります。

このような場合でどうしても売却したいと言うのでしたら、仮住まいを探して歩み寄ると言うことも大切になってきます。

いずれにしても、買付証明書を受取りましたら交渉に入ることが多いので、慎重に交渉を進めるようにしましょう。

まとめ

買付証明書を受け取った段階では安心できません。

この段階では、簡単にキャンセルされてしまう可能性もありますので、慎重かつ迅速に交渉を進めていくようにしましょう。

相手の気が変わらないように、他の物件に目移りしないようにスピードを速めて一気に契約まで持ち込んでしまいましょう。

そうするためにも、実績豊富で交渉力のある不動産業者に売却を依頼する必要があります。

中古住宅の売却は、特に売却力と交渉力が重要になりますので、適当に不動産業者を選んでいると100万円以上損をしてしまったり、売れる家も売れないと言うような状況に陥ってしまう事も・・・

ですから、売却を専門としている実績豊富な不動産業者だけが提携登録しているHOME4Uのような不動産一括査定で業者探しをする事をおすすめします。

HOME4Uは数ある不動産一括査定サイトの中でも最大手で、全国1200社の不動産業者が登録していて最大6社の不動産業者に同時に査定依頼ができます。

競争が激しいため査定額が跳ね上がることは間違いないですし、売却に特化した不動産業者だけが登録しているので、交渉力の高さは間違いないでしょう。

これから家を売り始めると言う人や、既に売り出しているけどなかなか家が売れないと言う場合は、一度HOME4Uに登録している不動産業者に依頼してみてはいかがでしょうか。

しかもHOME4Uなら、まずは査定だけと言う場合も利用可能になります。

HOME4Uで家の一括査定をしてみる>>

家を売るならHOME4Uの一括査定で比較見積もりがおすすめ!な3つの理由

家を売るならHOME4Uの一括査定で複数の不動産業者に査定依頼をすることをおすすめします。

複数の不動産業者に査定依頼をした方が、比較見積もりできますので一番高い価格で家を売ることが可能となります。

理由①:街の不動産屋さんに家の売却依頼をすると100万円以上損をすることがある!

近所にある街の不動産屋さんは売却力に欠けています!そのため100万円以上損をすることもよくあるのです・・・

しかし、HOME4Uに登録している不動産業者は、信頼と実績が豊富な仲介を専門としている業者ばかりなので、最高額で家を売ることができるのです!

販売方法一つで家の価格は大幅に変わってしまいますので、後悔しないように注意が必要になります。

100万円以上高く売るならHOME4Uの一括査定をぜひご利用ください!

理由②:HOME4Uに提携登録している不動産業者は販売力が高い優良業者!

HOME4Uは不動産一括査定サイトの中でも実績16年の老舗になりますので、不動産業者が提携登録するにはかなり厳しい審査があります。

つまり、実績と信頼性が無い不動産業者はHOME4Uには登録できないと言うことなのです。

他の不動産一括査定サイトと比較するとよく分かりますが、HOME4Uに登録している業者数は半分ほどになります。

これは、お客様に安心して利用してもらうために、不動産業者を厳選しているからなのです!

ですから、HOME4Uには販売力が高く実績の豊富な優良不動産業者しか登録していないと言うことになります。

理由③:最も高い価格で家を売ることができる!

HOME4Uの一括査定を利用することで全国900社のうちから最大6社を選んで査定依頼をすることができます。

そして、その中から最も高い価格で好条件の査定結果を出してくれた業者を選択することが可能となります。

売却が終わってから「もっと高い価格で売れたのでは・・・」と後悔しないためにもHOME4Uで比較見積もりすることをおすすめします。

ご利用者数年間400万人!売却査定数累計20万件!実績16年の信頼できるHOME4Uの不動産一括査定サービス

東証一部上場企業のNTTデータが運営する「HOME4U」は、全国にある大手不動産業者を含む500社の優良業者を厳選して提携している不動産一括査定サイトです。900社の不動産業者の中から最大6社を自由に選択し、一括してあなたの家の査定を無料で行ってくれるとても便利なサービスになります。

HOME4Uで家の一括査定をしてみる>>

家を売るときの10ステップをご紹介!この流れさえ理解しておけば失敗することはありません!

2017.02.05

スポンサーリンク

いつもご購読ありがとうございます!

東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県限定!高値売却のチャンス!

不動産一括査定に満足しなかった方はソニー不動産の無料査定をお試しください。「東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県」の1都3県限定になりますので、他府県の家を売る場合はご利用になれませんのでご注意ください。ソニー不動産だからできる高値売却の秘密は公式サイトでチェックできます。