住宅ローンが払えない!そんな時の解決策をご紹介します

東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県限定!高値売却のチャンス!

マンションや一戸建ての家を購入する人のほとんどが、住宅ローンを利用していると思います。

しかし、

住宅ローンが払えない・・・

と言う人も少なくはないと思います。

そこで今回は「住宅ローンが払えない」と言う人のために解決策をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

住宅ローンが払えない・・・

住宅ローンが払えない・・・

住宅ローンを組んで家を購入している人の中にはこういう状況に陥る人も少なくはありません。

家を購入した時は何の問題もなく返済できていたけど、夫の給料が下がったりリストラにあって収入がなくなってしまったりと理由はさまざまです。

住宅ローンが払えないと「競売にかけられて家を手放さなければならない・・・」と思われている方も多いと思いますが、住宅ローンが払えなくなってからすぐに競売にかかる訳ではございませんのでご安心ください。

状況によっては解決策がありますので諦めないでください!

住宅ローンが払えないからと言って必ず競売にかかるとは限りませんので、まずはできることからやっていきましょう。

住宅ローンが払えなくなるパターン

住宅ローンが払えないと言っても、理由はさまざまです。

住宅ローンが払えない理由によっては家を手放さずに済むケースもありますので、まずはあなたが該当する住宅ローンが払えないパターンはどれかを見ていきましょう。

借金が多く住宅ローンが払えない・・・

住宅ローン以外に借金が多く住宅ローンが払えないと言うケースが多くなっています。

例えば車のローンやショッピングのローン等の返済が重なってしまい返済資金不足になるパターンですね。

この場合はその他の出費を抑えて生活費の圧縮が最適となります。

しかし、生活費の圧縮だけでは返済できない場合は任意売却等も検討しなければなりません。

生活費だけで精いっぱい・・・

生活費を除くと住宅ローンが払えない・・・

この場合はそもそもの返済計画自体が間違えている状況が多く、ステップ償還等で住宅ローンを組んだものの、返済金が途中で上がった時に払えなくなってしまうパターンになります。

その他にも、夫の収入が激減した場合等も考えられます。

この場合は金融機関と相談してリスケジュールを行う必要があります。

住宅ローンどころか生活自体できない・・・

会社の倒産やリストラ等が原因で収入が途絶えるケールも珍しくありません・・・

この場合は住宅ローンどころではなく、第一に再就職を考えて生活を再建する必要があります。

自宅を売却して第一に生活の再建を図りましょう。

住宅ローンが払えなくなるパターンのほとんどが上記のような理由になります。借金が重なって返済できなくなる場合や突然の会社の倒産やリストラが原因で収入がなくなると言うパターンが多くなっています。また、返済計画の見誤りで住宅ローンが払えないと言うケースもあります。いずれにしても、何かしらの対策をとる必要があります。

住宅ローンが払えなくなっても家を手放さずに解決する方法

住宅ローンが払えなくなっても家を手放さずに解決する方法はありますので、最後までお付き合いください!

生活費の見直し

住宅ローンが払えなくなってきましたら、一番初めにしてほしいことは生活費の見直しになります。

例えば、住宅ローンの返済額が10万円として、不足している金額が3万円だとすれば、その3万円を生活費の見直しで用意するようにしましょう。

節約もそうですが、アルバイト等をして収入を増やす方法もあります。

まずは支出を減らして節約すること!

生活費の中に毎月必ずかかっている固定費があると思います。

例えば、

  1. 生命保険
  2. 固定電話
  3. 携帯電話
  4. インターネット

等々です。

まず生命保険は必要最低限のものだけを残し、余計な特約等は全て外して解約しましょう。

そして、固定電話も携帯電話があれば不要なので解約してください。

それから携帯電話も格安SIM等に変更して毎月の電話料金を抑えましょう。

自宅にインターネット回線を引いている場合は解約しましょう。

一般的な固定費と言えば以上になりますが、家庭によっては他にも毎月固定して支出しているものがあると思います。

不要なものは全て省きましょう!

これだけでもかなりの支出減に繋がりますので試してみてください。

残業やアルバイトで収入を増やす!

毎月の生活費を節約することも大事ですが、収入を増やす事も視野に入れましょう。

例えば、

  1. 残業を増やす
  2. アルバイト等で副収入を得る
  3. 妻がフルタイムで働く

本業で残業を増やす事ができるのであれば残業を増やして収入増を計画しましょう。

残業が無い職業の場合は、早朝や深夜のアルバイトなどで収入増を計画しましょう。

また、妻がフルタイムで働けるのであればそちらも検討してください。

小さな子供が居る場合は保育料が追加になってしまいますが、それ以上に稼げるのであればOKです。

貯蓄がある場合は繰り上げ返済がおすすめ

住宅ローンの返済のために毎月の給料では不足してしまう分を少しづつ貯蓄を切り崩して支払っていると言う人も少なくはないのではないでしょうか?

そのような場合は、「繰り上げ返済」をおすすめします。

繰り上げ返済をすることで、毎月の返済額を減らしたりボーナス返済をなくしたりすることが可能となります。

ですから、貯蓄を少しづつ削りながら返済するよりも、一気に繰り上げ返済した方が利息分が減るため毎月の返済が楽になるのでおすすめなのです。

ただし、繰り上げ返済をする場合は金融機関によっては手数料が必要になる場合もありますので、繰り上げ返済をする金額によってはおすすめではない場合もあります。

繰り上げ返済をして毎月の返済額を減らしたい場合は、住宅ローンを借りている金融機関に相談すると良いでしょう。

住宅ローンの借り換えで毎月の返済額を減らす

住宅ローンの借り換えをする事で、今の住宅ローンの条件よりもさらに有利な条件になる場合もあります。

例えば、今借りている住宅ローンの金利が「基準金利の2.475%」として、借り換えた際の金利が1%を切るようなことになれば毎月の返済額はかなり減ります。

ちなみに35年ローンで3,000万円の借入で金利が2.475%だと、毎月の返済額は「106,846円」なのに対して、

35年のローンで3,000万円の借入で金利が0.975%だと、毎月の返済額は「84,336円」になります。

住宅ローンの借り換えをして金利が下がるだけで、毎月の返済額が2万円以上も下がるのです。

それから、今借りている住宅ローンの返済期間を延ばす事ができればそれだけでも大幅に毎月の返済額は下がることになります。

最近は低金利の住宅ローンを進めている金融機関もありますので、一度相談をしてみると良いでしょう。

どこの金融機関に相談すれば良いのか分からない場合は、住宅ローン借り換えセンターがおすすめです。

住宅ローン借り換えセンターでは、自己資金0円で最大636万円も住宅ローンを削減する事に成功した実績がありますので、まずは無料診断してみることをおすすめします。

優良銀行20社の金利を比較し、手続きまで代行してくれますので借り換えの専門知識がなくても大丈夫!

>>住宅ローン借り換えセンターで借り換え可能か無料診断してみる

リスケジュールをして毎月の返済額を減らす

住宅ローンを借りている銀行と交渉して返済計画の見直しをする事を「リスケジュール」と言います。

住宅ローンが払えばくなる前にリスケジュールをして返済計画の見直しをするようにしましょう。

リスケジュールをする事で、

  1. 月々の返済額を減らして返済期間を延ばす
  2. ボーナス返済をなくす
  3. 数年間は利息分だけの支払いにする

等の返済計画の見直しが可能となります。

ですから、住宅ローンが払えばくなってしまう前に早めに金融機関に相談するようにしましょう。

住宅ローン以外の返済が苦しい場合は任意整理をする

住宅ローン以外の返済が苦しく、住宅ローンを返済する余裕がないと言う場合は任意整理をする事で解決できる場合があります。

特にカードローン等でキャッシングをしている場合は、任意整理をする事で毎月の返済額を大幅に減らす事ができるので、その余裕分を住宅ローンに回す事ができるようになります。

カードローン返済が苦しい場合は、弁護士や司法書士に相談して任意整理を検討しましょう。

任意整理は借金の圧縮効果は低くなりますが、裁判所を通さないで実行できるので書類の準備が無く住宅ローン以外の特定の借入のみ債務整理することが可能なのでおすすめです。

借金が多すぎて任意整理では間に合わない場合は個人再生

個人再生は任意整理では間に合わないぐらいの借金がある人が利用する手段になります。

任意整理は裁判所を通す必要は無いのですが、個人再生の場合は裁判所を通す必要があります。

2000年に施行された民事再生法に基づく個人債務者の返済負担の圧縮と経済的な再生を支援する制度になります。

「住宅ローン特別条項(住宅ローン特則)」が定められているため、住宅ローン以外の債務を最大9割カットする事が可能となります。

この住宅ローン特則を利用することで、自己破産では処分されてしまう自宅を保有したままその他の債務を大幅に減らす事ができるため、その他の返済が減り住宅ローンの返済へと回す事が可能となります。

生活費の見直しや繰り上げ返済、住宅ローンの借り換えが難しい場合は任意整理や個人再生を行うことで自宅を守ることが可能となります。この事実を知らないで、そのまま放置して諦めてしまうと「競売」にかかって家を手放さなければならなくなってしまうのです。そうなる前に住宅ローンが払えなくなったら、一人で悩まずにまずは専門家に相談する事をおすすめします。

住宅ローンが払えない場合は自宅を手放して解決する方法も

住宅ローンが払えなくなった場合は、自宅を手放して解決する方法も考えましょう。

住宅ローンが払えない状況で滞納し続けると「競売」にかけられてしまいます。

競売にかかるとすべての財産を失うことになりますし、最悪の場合家族全員がバラバラになってしまう事もありますのでご注意ください。

しかも、競売ではマイホームを最安値で買いたたかれますので大量の借金だけが残ってしまいます。

ですから、競売にかけられてしまう前に自宅を売却して問題を解決するようにしましょう。

不動産業者に依頼して売却する

住宅ローンが払えない場合は、不動産業者に依頼して売却するようにしましょう。

この時に、住宅ローンの残債額は全て完済する必要があります。

3,000万円の借入で残債額が2,500万円なら2,500万円以上で売却しなければなりません。

仮に2,300万円の売却価格だったとしても貯蓄で不足分の200万円を補えるのであれば問題はありません。

不動産業者に自宅の売却を依頼する時は、できるだけ多くの不動産業者に査定してもらうようにしましょう。

なぜなら、査定額は査定を行う不動産業者によって異なるからです。

100万円以上の差が出ることも良くありますので、必ず複数の不動産業者に査定依頼するようにしてください。

このような不動産の一般売却の場合の欠点は「いつ売れるか分からない」と言う点になります。

ですから、住宅ローンが払えなくなってから行動するのではなく、前もって早めに行動するようにしましょう。

また、依頼する不動産業者にはきちんと事情を説明して売却計画を立ててもらうようにしましょう。

複数の業者に査定依頼することや、相談できる不動産業者を探すのは大変なので、最大6社に一括査定を依頼して比較見積りできるHOME4Uのような不動産一括査定サイトがおすすめです。

複数の不動産業者に査定をしてもらうことで、最も高い価格で家を売ることが可能になりますので住宅ローンの残債額よりも高い価格で売れる可能性は高くなります。

既に住宅ローンを滞納してしまっている場合は任意売却で家を売る

住宅ローンが払えない場合ですでに滞納してしまっていると言う人は「任意売却で家を売る」ことをおすすめします。

この方法は、住宅ローン残高よりも安い金額でも売却できる方法になります。

例えば、住宅ローン残高が3,000万円として、売却価格が2,500万円だとしても売却可能となります。

ただし、金融機関との交渉の末保証会社からの許可が下りた場合に限ります。

その交渉をするのは、弁護士や司法書士、または任意売却相談センターや任意売却を得意とする不動産業者になります。

この人たちの力を借りて金融機関と交渉してもらうのです。

しかし、任意売却が成立して自宅の売却に成功したとしても、返しきれなかった500万円は継続して返済していくかたちになります。

返済方法はその時の債権者との話し合いになりますが、日常生活に支障を来さない程度の支払額(毎月1万円程度)で行けますので安心です。

それに、任意売却だと交渉次第では新生活をスタートする為の費用(引っ越し代金等)を受取ることも可能な場合もあります。

また、リースバックと言って任意売却で売った我が家に引き続き賃貸で済む事もできる場合もありますので、リースバックを行っている不動産業者等に相談するようにしましょう。

リースバックを行っている不動産業者はHOME4Uにも多数登録していますので、まずは家の査定をしてもらいリースバックの相談をするようにしましょう。

その他にも任意売却の相談をするのでしたら、任意売却相談センターと言うところもありますので、一度相談してみてはいかがでしょうか。

最終手段は自己破産

住宅ローンが払えない場合の解決策としての最終手段は「自己破産」になります。

自己破産のメリットは「全ての債務の帳消し」になります。

毎月の苦しい返済から解放されて、新しい生活の再建を図ることができます。

ですから、住宅ローンのやその他借金の返済で悩む事もなくなりますし、催促の電話に怯えることもなくなるのです。

ただし、デメリットとして所有している自己名義の財産を全て失うことになりますので、本当に一からの再スタートになります。

それから、自己破産をする事で職業の制限があったり、官報や破産者名簿への登録、ブラックリストとしての登録と言うデメリットもあります。

しかし、99万円以下の現金については生活費として処分の対象外とする事が可能となります。

また、家財道具や生活必需品も換金できるような高価なものを除いては原則取り上げられる事は無いでしょう。

自己破産と聞くとマイナスイメージしかないと思いますが、借金の返済に困窮している人を助けて、経済的な再生を支援するための救済措置で国の制度になりますので、負い目を感じる必要はないでしょう。

つまり、住宅ローンが払えないからと言って、何もしないで競売にかけられて全てを失いゼロになり家族バラバラになることを思えば、自己破産している方がよっぽどマシだと言うことです。

まとめ

長文をお読みいただきありがとうございます。

上記で説明したように、住宅ローンが払えなくなっても家を売らなくて済む場合もあります。

また、住宅ローンが払えないからと言ってすぐに競売にかかる訳でもありません。

家を売らずに済む場合もありますので、1人で悩まずにそれぞれの専門家に相談するようにしましょう。

基本的に相談は無料になりますので、諦める前にまずは専門家に相談することをおすすめします。

また、一般売却にしても任意売却にしても不動産業者を選ぶならHOME4Uがおすすめです。

HOME4Uは全国900社の厳しい審査をクリアして優良な不動産業者しか提携登録していませんので、安心して売却を依頼できます。

しかも、最大6社の不動産業者に査定額を比較できますので、最も高い価格の好条件で売却してくれる不動産業者が簡単に見つかります。

もちろん無料で利用できますし、入力はたった60秒になりますので今すぐ家の価格を知りたいと言う場合でも安心です。

1円も損をしたくないと言う人はHOME4Uで今の家の売却価格を比較検討してみてください!

HOME4Uで家の一括査定をしてみる>>

家を売るならHOME4Uの一括査定で比較見積もりがおすすめ!な3つの理由

家を売るならHOME4Uの一括査定で複数の不動産業者に査定依頼をすることをおすすめします。

複数の不動産業者に査定依頼をした方が、比較見積もりできますので一番高い価格で家を売ることが可能となります。

理由①:街の不動産屋さんに家の売却依頼をすると100万円以上損をすることがある!

近所にある街の不動産屋さんは売却力に欠けています!そのため100万円以上損をすることもよくあるのです・・・

しかし、HOME4Uに登録している不動産業者は、信頼と実績が豊富な仲介を専門としている業者ばかりなので、最高額で家を売ることができるのです!

販売方法一つで家の価格は大幅に変わってしまいますので、後悔しないように注意が必要になります。

100万円以上高く売るならHOME4Uの一括査定をぜひご利用ください!

理由②:HOME4Uに提携登録している不動産業者は販売力が高い優良業者!

HOME4Uは不動産一括査定サイトの中でも実績16年の老舗になりますので、不動産業者が提携登録するにはかなり厳しい審査があります。

つまり、実績と信頼性が無い不動産業者はHOME4Uには登録できないと言うことなのです。

他の不動産一括査定サイトと比較するとよく分かりますが、HOME4Uに登録している業者数は半分ほどになります。

これは、お客様に安心して利用してもらうために、不動産業者を厳選しているからなのです!

ですから、HOME4Uには販売力が高く実績の豊富な優良不動産業者しか登録していないと言うことになります。

理由③:最も高い価格で家を売ることができる!

HOME4Uの一括査定を利用することで全国900社のうちから最大6社を選んで査定依頼をすることができます。

そして、その中から最も高い価格で好条件の査定結果を出してくれた業者を選択することが可能となります。

売却が終わってから「もっと高い価格で売れたのでは・・・」と後悔しないためにもHOME4Uで比較見積もりすることをおすすめします。

ご利用者数年間400万人!売却査定数累計20万件!実績16年の信頼できるHOME4Uの不動産一括査定サービス

東証一部上場企業のNTTデータが運営する「HOME4U」は、全国にある大手不動産業者を含む500社の優良業者を厳選して提携している不動産一括査定サイトです。900社の不動産業者の中から最大6社を自由に選択し、一括してあなたの家の査定を無料で行ってくれるとても便利なサービスになります。

HOME4Uで家の一括査定をしてみる>>

家を売るときの10ステップをご紹介!この流れさえ理解しておけば失敗することはありません!

2017.02.05

スポンサーリンク

いつもご購読ありがとうございます!

東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県限定!高値売却のチャンス!

不動産一括査定に満足しなかった方はソニー不動産の無料査定をお試しください。「東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県」の1都3県限定になりますので、他府県の家を売る場合はご利用になれませんのでご注意ください。ソニー不動産だからできる高値売却の秘密は公式サイトでチェックできます。