家を売るなら仲介?それとも業者買取?高く売れるのはどっち?

東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県限定!高値売却のチャンス!

家を売るときは「仲介」で売却するか「業者買取」で売却する方法があります。

仲介とは、不動産業者に依頼して買主を探してもらい個人もしくは業者との間に入ってもらい売買契約を締結する方法になります。

一方業者買取の方はそのままですが不動産業者に買取してもらう方法になります。

今回は家を売るときは仲介で売売却した方がいいのか業者買取で売却した方がいいのかについて解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

家を高く売るなら仲介と業者買取どっち?

家を売る方法は基本的に仲介と業者買取の2種類になります。

どちらの方法もそれぞれにメリットとデメリットがありますので、家を売るときはよく考えて相談するようにしましょう。

仲介で家を売る場合のメリットとデメリット

一般的に多いのが仲介で家を売ると言う方法になります。

仲介とは、不動産業者に買主を見つけてもらい買主との間に入って契約から引き渡しまでをサポートしてもらう売却方法になります。

仲介で家を売ることで、売却価格を自由に設定できますので売主にとっては希望価格での売却により近づきますので仲介を選択する人が多くなっています。

仲介で家を売る場合のメリット

仲介で家を売る場合の最大のメリットは「販売価格を自分で決める事ができる」と言う点になります。

例えば住宅ローン等が残っている場合だと完済することが条件になりますので、残りの住宅ローンが完済できるだけの価格で売却しなければなりません。

このような場合は販売価格を売主の意向で決める事ができます。

つまり、仲介の場合は家を高く売却できる可能性が高いと言うことになります。

高いと言っても市場相場がありますので、破格に高い価格だと売れませんのでご注意ください。

ここで言う高く売却できると言うのは常識の範囲内になります。

仲介で家を売る場合のデメリット

仲介で家を売る場合のデメリットは「仲介手数料」を支払わないといけないと言う点になります。

仲介手数料とは、仲介してもらう業者に対して売買が成立しましたら成功報酬として支払う媒介手数料のことを言います。

一般的には「売買価格×3%+6万円×消費税」になりますので、売買価格が3,000万円だとやく100万円程の仲介手数料を支払うことになります。

それから、買主を探す期間が必要になりますので早く売却したい場合はデメリットとなるでしょう。

仲介は売却希望価格により近い、もしくはそれ以上の高価格で家を売ることが可能となります。しかし、売り出し開始から売却成立までどうしても時間がかかってしまいます。それに時間がかかり過ぎると売れ残ってしまい、いつまで経っても売れない状態になってしまいます。売れ残り物件は家を探している人からすると、訳あり物件と思われてしまう可能性が高いので、仲介で家を売る際は売却力のある不動産業者に依頼する必要があります。売り出し開始から3ヶ月経過しても家が売れない場合は仲介業者の変更も検討しましょう。

このままでいいの?家を売り出してから仲介業者を変更したくなった場合の対処法

2016.09.04

家を売る時の優良な不動産業者の選び方とは

2016.07.13

業者買取で家を売る場合のメリットとデメリット

急いでいる場合や、仲介で家が売れ残ってしまった場合は業者買取で家を売るようにしましょう。

業者買取とは、仲介のように個人に家を売却するのではなく直接不動産業者に買取してもらうことを言います。

家を売り出したからと言って必ず売却できるとは限りません。

しかし、業者買取なら確実に買取してくれる場合がほとんどなので急いでいる人は業者買取を選択するのもありだと思います。

業者買取で家を売る場合のメリット

業者買取で家を売る場合の最大のメリットは「確実に売れる」と言うことです。

仲介だと買主が見つかるまでに時間がかかりますし、購入希望者が現れたとしても確実に成約するとは限りません。

しかし、業者買取だと確実に買取してくれますので、期限が限られている場合や仲介で売れ残ってしまった場合は安心でしょう。

業者買取で家を売る場合のデメリット

業者買取で家を売る場合のデメリットは「買取価格が安い」と言う点になります。

業者買取だと確実に家を売却することができますが、買取価格は市場相場の「80~90%」となります。

また、立地条件が悪い場合や、家の状態が悪い場合はさらに買取価格が安くなることも考えられます。

確実に家を売ることができるのですが、買取価格はどうしても安くなってしまうのが業者買取のデメリットとなります。

業者買取は買主がプロになりますのでとてもスムーズに契約から引き渡しまで進みますので早く家を売りたい人にはおすすめの売却方法になります。ただし、買取価格がどうしても安くなりますので、住宅ローンの残債がある人は完済するために持ち出し金を用意しなければならない可能性が高くなってしまいます。早く確実に売却できる代わりに安値での売却になってしまうのが業者買取の特徴になります。

家を買い替えて住み替える時に家が売れない場合は業者買取も検討する!

2017.02.07

仲介で家を売る場合は、基本的に一般の買主を探す事になりますので割と高価格での売却が可能となりますが、時間がかかってしまいますし最悪の場合買主が現れない場合もあります。

業者買取の場合だとプロに下取りしてもらうような形になるためどうしても買取価格が安くなってしまいますが確実に家を売ることが可能となります。

どちらの売却方法にもメリットとデメリットがありますので、それらを考慮した上で売却方法を検討するようにしましょう。

時間に余裕があるのでしたら仲介で売却活動を行い、急いでいる場合は業者買取を検討した方がいいでしょう。

また確実に家を売りたい場合は、買取保証を付けて仲介で売却活動をするのもおすすめの方法になります。

いずれにしても高く家を売りたい場合は仲介を選択するようにしてください。

家が売れないときは買取保証を付けるのもあり!買取保証制度のメリットとデメリット

2017.02.10

仲介と業者買取では必要な諸費用が違う

家を売るときには諸費用が必要になってきます。

そして、この諸費用の額は仲介と業者買取で異なります。

仲介で家を売る場合は「仲介手数料」を不動産業者に支払う必要がありますが、業者買取の場合は不動産業者に仲介手数料を支払う必要はありません。

ただし、不動産業者に紹介された不動産業者が買取をする際は仲介手数料が必要となりますので勘違いしないようにしてください。

あくまでも、仲介してもらった場合は仲介手数料の支払いが発生しますので覚えておきましょう。

このように言いますと、業者買取の方が仲介手数料を支払わなくていいのでお得感がありますが、実際のところはどうなのでしょうか。

先ほども言いましたが、仲介の場合は市場相場の価格やもしくはそれ以上での売却が可能になるのに対して、業者買取の場合は相場の80~90%での買取になります。

例えば市場相場3,000万円の家を仲介で売却した場合は仲介手数料約100万円の支払いが必要になりますので、約2,900万円手元に残るかたちになります。

しかし、業者買取の場合だと仲介手数料が不要な代わりに80~90%での買取になりますので、2,400~2,700万円しか手元に残りません。

このように見ると仲介手数料を支払ってでも仲介で家を売却した方がお得だと言うことが一目瞭然ですね!

市場相場が3,000万円の家だと、仲介と業者買取で比較すると最悪の場合500万円も損をしてしまう事になってしまいます。

仲介手数料の詳しい計算方法は以下の記事にまとめていますので参考にしてみてください。

家を売る時に不動産業者に支払う仲介手数料の計算方法

2016.06.22

その他の諸費用に関しましては基本的に仲介の場合も業者買取の場合も同じになります。

住宅ローンを借りている場合でしたら「抵当権抹消登記費用」が必要になります。

その他だと、銀行に支払う繰り上げ返済の「事務手数料」や売買契約書に貼りつけする「印紙税」が必要になります。

家の売却時に必要な諸費用は以下の記事でまとめていますので参考にしてみてください。

家を売る時に必要な諸費用について

2016.06.07

家を売るときは仲介でも業者買取でも諸費用が必要になりますが、業者に直で買取してもらう場合は仲介手数料が不要になります。

しかし、上記で説明した通り仲介手数料が不要でも結果的に損をしてしまう場合もありますので、よく考えて家を売却するようにしましょう。

まとめ

家を高く売りたい場合は仲介での売却になります。

仲介だと個人の買主を探すことが可能となるので、市場相場の価格で売却活動を行うことができます。

しかも、人気エリアや付加価値がある場合だと相場以上の価格でも購入希望者が現れることも良くありますので、少しでも高い価格で家を売りたい場合は断然仲介になります。

しかし、仲介には時間がかかると言うデメリットもありますので、特に人気のないエリアの物件や築年数が古い場合はより一層時間がかかってしまう場合もありますので業者買取も視野に入れておいた方がいいでしょう。

中には買取保証制度を設けている不動産業者もありますので、3ヶ月間の買取保証をつけて仲介で売却活動を行うのもありだと思います。

また、仲介で家を売却するなら売却力のある不動産業者に依頼する必要があるので、不動産業者選びには十分注意するようにしてください。

売却力の無い不動産業者に間違えて依頼してしまうと一生家が売れないと言う状況に陥ってしまう場合も良くありますので業者選びは慎重に行うようにしてください。

売却力のある不動産業者を簡単に見つける方法は、HOME4Uのような一括査定を利用することです。

HOME4Uなら売却専門の不動産業者が1200社も提携登録していますので、あなたの家の売却を徹底的にサポートしてくれる業者が簡単に見つかります。

しかも、最大6社に一括で査定依頼できますので、一番高い価格を掲示してくれる不動産業者を比較できますので、最も好条件で自宅を売却することが可能となります。

HOME4Uの詳細を公式サイトで確認してみる>>

家を売るならHOME4Uの一括査定で比較見積もりがおすすめ!な3つの理由

家を売るならHOME4Uの一括査定で複数の不動産業者に査定依頼をすることをおすすめします。

複数の不動産業者に査定依頼をした方が、比較見積もりできますので一番高い価格で家を売ることが可能となります。

理由①:街の不動産屋さんに家の売却依頼をすると100万円以上損をすることがある!

近所にある街の不動産屋さんは売却力に欠けています!そのため100万円以上損をすることもよくあるのです・・・

しかし、HOME4Uに登録している不動産業者は、信頼と実績が豊富な仲介を専門としている業者ばかりなので、最高額で家を売ることができるのです!

販売方法一つで家の価格は大幅に変わってしまいますので、後悔しないように注意が必要になります。

100万円以上高く売るならHOME4Uの一括査定をぜひご利用ください!

理由②:HOME4Uに提携登録している不動産業者は販売力が高い優良業者!

HOME4Uは不動産一括査定サイトの中でも実績16年の老舗になりますので、不動産業者が提携登録するにはかなり厳しい審査があります。

つまり、実績と信頼性が無い不動産業者はHOME4Uには登録できないと言うことなのです。

他の不動産一括査定サイトと比較するとよく分かりますが、HOME4Uに登録している業者数は半分ほどになります。

これは、お客様に安心して利用してもらうために、不動産業者を厳選しているからなのです!

ですから、HOME4Uには販売力が高く実績の豊富な優良不動産業者しか登録していないと言うことになります。

理由③:最も高い価格で家を売ることができる!

HOME4Uの一括査定を利用することで全国550社のうちから最大6社を選んで査定依頼をすることができます。

そして、その中から最も高い価格で好条件の査定結果を出してくれた業者を選択することが可能となります。

売却が終わってから「もっと高い価格で売れたのでは・・・」と後悔しないためにもHOME4Uで比較見積もりすることをおすすめします。

ご利用者数年間400万人!売却査定数累計20万件!実績16年の信頼できるHOME4Uの不動産一括査定サービス

東証一部上場企業のNTTデータが運営する「HOME4U」は、全国にある大手不動産業者を含む500社の優良業者を厳選して提携している不動産一括査定サイトです。550社の不動産業者の中から最大6社を自由に選択し、一括してあなたの家の査定を無料で行ってくれるとても便利なサービスになります。

HOME4Uで家の一括査定をしてみる>>

スポンサーリンク

いつもご購読ありがとうございます!

東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県限定!高値売却のチャンス!

不動産一括査定に満足しなかった方はソニー不動産の無料査定をお試しください。「東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県」の1都3県限定になりますので、他府県の家を売る場合はご利用になれませんのでご注意ください。ソニー不動産だからできる高値売却の秘密は公式サイトでチェックできます。