住宅ローンが払えなくなって家を売る場合は任意売却がおすすめ

東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県限定!高値売却のチャンス!

家を買う時は多くの方が住宅ローンを利用すると思います。

特に最近は低金利の時代なので住宅ローンを利用しない手はないと思います。

中にはマイナス金利でお金を借りる事ができる金融機関もあります。

しかし、住宅ローンはあくまでも「お金を借りる」という事になりますので、当然返済する義務があります。

住宅ローンの返済方法は、基本的には元利均等払い方式で、毎月決まった金額を返済していくかたちとなります。

元利均等なので、金利が変動しても毎月返済する金額は変わらないので安心ですね。

しかし、この不景気の時代なので住宅ローンを利用する時は何の問題も無かったのに、不景気の影響でリストラに合ってしまったり、「減給」「ボーナスカット」と言うような状況に陥る事も少なくはありません。

このような場合、住宅ローンを返済していく事が困難になってしまいます。しかし、借りたお金なので必ず返す必要があります。

こうなってしまったら、住宅ローンを組んでいる金融機関に相談する事になり、売却するのかを相談する事となります。

以上のように住宅ローンを払う事ができなくなってしまった場合は、以下のような手続きが必要になりますので参考にしてみてください。

スポンサーリンク

住宅ローンが払えない場合の対処法

住宅ローンが払えなくなってしまった場合は、以下の方法しか残されていません。

  1. 任意売却
  2. 競売

住宅ローンの返済が難しくなった場合は、1人で悩まずにまずは任意売却が得意な不動産業者もしくは任意売却相談センターに相談して任意売却の手続きを取るようにしましょう。

任意売却とは

任意売却とは、住宅ローンの返済が困難になった場合に利用する売却方法で、いわゆる競売を回避する為の手段の1つになります。

任意売却は専門の不動産業者が債権者(金融機関)と債務者(あなた)との間に入って調整を行い、債権者の合意を得る事でその家の売却価格が住宅ローンの残高を下回っても売却できると言うとても合理的な売却方法の事です。

住宅ローンの支払いが滞り、返済が不可能になった場合そのまま放置しておくと「競売」にかかってしまいます。

競売にかけられると家はもちろん家財道具等も全ての資産をとりあげられてしまいますので、人生の再スタートを切る事が難しくなります。

しかし、任意売却が得意な不動産業者を介して金融機関との交渉の末任意売却が成立すれば、住宅ローンが完済できなくても家を売却する事が可能となり、引っ越し費用等も貰える場合もありますので、人生の再スタートを切る事ができるのです。

ただし、任意売却で自宅を売却できたとしても残った残債務は返していく必要があります。

例えばですが、住宅ローンが3,000万円残っている場合で、任意売却で2,700万円で売れた場合は300万円が残ってしまいます。

この300万円はきちんと返済する義務があるという事です。

任意売却後の残債は、ほとんどの場合担保物件を持たない無担保債権となりますので、金融機関や保証会社との話し合いで「分割で少しづつの返済」となります。

収入面等を考慮した上で日常生活に支障を来さない程度の返済額(月額1万円も可能)での返済になりますので、競売になる事を思えば任意売却を選択した方が良いでしょう。

>>任意売却相談センターについて詳しく見てみる

競売について

競売とは、債務者(あなた)が住宅ローンやその他の借入金の返済ができなくなった場合に、債権者(金融機関)が裁判所に申し立てる事によって、

「担保として提供していた不動産や債務者の全財産を差し押さえて、裁判所の権限によって強制的に売却をし、その売却代金で債権の回収に充てる手続き」

の事です。

競売にかけられてしまうと、新聞や情報誌、またはインターネット等の競売公告掲載で、ご近所さんや身内、会社や取引先に知られてしまいます。

しかも、全て安値で売却されてしまい何も残らないでしょう。

また、落札後に居座る方も稀にいらっしゃいますが、最終的には強制執行によってドアをこじ開けられて追い出されてしまいます。

もちろん丸裸状態の一文無しの状態でも容赦なしです。

競売を甘く見ていると恐ろしい事になりますので、住宅ローンが払えなくなっても競売だけは避けたいものですね。

もし、現状住宅ローンの支払いが滞っていると言うのでしたら、任意売却専門の業者か不動産一括査定を活用して任意売却の手続きをしてくれる不動産業者を探すようにしましょう。

競売よりも任意売却がおすすめ

上記の説明の通り、住宅ローンが払えなくなった場合は競売を待つよりも急いで任意売却の手続きをした方が良いでしょう。

住宅ローンが払えなくなる理由は人それぞれですが、人生の再スタートを切る為には任意売却を選択する方が賢いと言えます。

任意売却をしても借金が残ってしまうケースがほとんどですが、競売になった場合もそれ以上に借金が残りますし、人生の再スターを切る為の引っ越し費用等を貰う事もできませんし、毎月の返済額の相談さえもする事ができません。

つまり、万が一競売になってしまった場合は、残された道は自己破産しかないという事です。

それに住むところも失ってしまいますし、今後の生活自体も難しくなってしまうでしょう。

競売と任意売却とで比較すると、言うまでもなく任意売却の方が高額で家を売る事ができます。

という事は、残る借金の額が少ないという事になります。

それに、上記でも説明しましたが、任意売却の場合は引っ越し費用等を貰える場合もありますし、残債務の返済方法も相談する事ができるのです。

職を失って給与が無い場合でも、住むところさえあればアルバイトもできますし、再就職だってする事が可能です。

ですから、住宅ローンの支払いができなくなってしまった場合でも、諦めずに任意売却を選択するようにしましょう。

任意売却はどこに依頼すれば良いの?

任意売却はどこに依頼すれば良いのでしょうか?

最近では、不動産業者でも任意売却の取り扱いをしていますので、任意売却を得意とする不動産業者に依頼するか、任意売却相談センター等に依頼した方が良いでしょう。

不動産業者に依頼する場合は適当に不動産業者を選ぶのではなく、しっかりと任意売却を得意とする業者に依頼をして任意売却をしたい旨を伝える必要があります。

不動産業者を探す時は、複数の不動産業者を比較する為にも不動産一括査定サービスを利用することをおすすめします。

複数の不動産業者に査定依頼をする事で、任意売却を得意とする不動産業者が必ずいますので、その業者に任意売却の依頼をするようにしましょう。

なぜなら、「任意売却は債権者との交渉が全て」になりますので、交渉できるだけの実力のある不動産業者にお任せするのが一番だからです。

その他は、司法書士や弁護士に相談すると言う方法もありますが、司法書士や弁護士の場合は任意売却が成立しても販売活動はできません。

つまり、債権者との交渉事は心強いのだけれど、いざ販売活動となると自分たちではできないので、知り合いの不動産業者に外注する事になるのです。

こうなってしまった場合は、司法書士や弁護士が外注する先の不動産業者の実力も問題になってくるのです・・・

せっかく債権者との交渉が上手くいって任意売却が成立したとしても、肝心の家が売却ができなければ(買主が見つからなければ)何の意味も無いのです・・・

任意売却は、限られた時間で買主を見つけて売買を成立させないといけないので、交渉力と販売力の両方が必要になってくるのです。

そういった意味では、両方の実力を兼ね備えた不動産業者を見つけるしかないのです。

ここで役に立つのが、先程も言いましたHOME4Uのような不動産一括査定なのです。

およそ1200社の不動産業者に一括で査定依頼ができ、最大6社の不動産業者を選択する事ができるのです。

しかも、スマホやパソコンから簡単にいつでもどこでも依頼ができるので、時間の無い任意売却でも心配する事は無いでしょう。

任意売却は「早ければ早い方が有利」になります。

なぜなら、与えられた期日内に家が売れないと裁判所に申し立てられて競売にかけられてしまうからです・・・

任意売却は、基本的には住宅ローンが滞納してから5ヶ月目までに相談する事になっています。

この期間を越えてしまっても任意売却の相談は可能ですが、交渉等に時間がかかってしまいますと間に合わなくなって競売にかけられてしまうのです。

ですから、任意売却をして人生の再スタートを切ると言う意思があるのであれば、今すぐにでも行動に移しましょう。

競売になるのを指をくわえて待つよりも、少しでも高い金額で売却できる任意売却を活用して、もう一度人生をやり直して見ましょう。

意思が固まりましたらまずは自宅の査定です!

自宅の査定は何度も言っていますが、HOME4Uの一括査定をおすすめします。

HOME4Uならたった60秒の入力で最大6社まで査定依頼できるからです。

とりあえず机上査定をしてもらい、最も条件のよさそうな不動産業者を選択して2~3社に訪問査定してもらうようにしましょう。

そして、事情を説明して任意売却の手続きを進めるようにしましょう。

以上のように住宅ローンが払えなくなってしまった場合は、任意売却か競売の2択しかありません。上記の説明を読んでいただければ、どちらが正しい選択かは一目瞭然ですね。人生をもう一度やり直したいと言うのであれば、今すぐ行動に移しましょう。
任意売却を得意とする不動産業者を探す>>

家を売るならHOME4Uの一括査定で比較見積もりがおすすめ!な3つの理由

家を売るならHOME4Uの一括査定で複数の不動産業者に査定依頼をすることをおすすめします。

複数の不動産業者に査定依頼をした方が、比較見積もりできますので一番高い価格で家を売ることが可能となります。

理由①:街の不動産屋さんに家の売却依頼をすると100万円以上損をすることがある!

近所にある街の不動産屋さんは売却力に欠けています!そのため100万円以上損をすることもよくあるのです・・・

しかし、HOME4Uに登録している不動産業者は、信頼と実績が豊富な仲介を専門としている業者ばかりなので、最高額で家を売ることができるのです!

販売方法一つで家の価格は大幅に変わってしまいますので、後悔しないように注意が必要になります。

100万円以上高く売るならHOME4Uの一括査定をぜひご利用ください!

理由②:HOME4Uに提携登録している不動産業者は販売力が高い優良業者!

HOME4Uは不動産一括査定サイトの中でも実績16年の老舗になりますので、不動産業者が提携登録するにはかなり厳しい審査があります。

つまり、実績と信頼性が無い不動産業者はHOME4Uには登録できないと言うことなのです。

他の不動産一括査定サイトと比較するとよく分かりますが、HOME4Uに登録している業者数は半分ほどになります。

これは、お客様に安心して利用してもらうために、不動産業者を厳選しているからなのです!

ですから、HOME4Uには販売力が高く実績の豊富な優良不動産業者しか登録していないと言うことになります。

理由③:最も高い価格で家を売ることができる!

HOME4Uの一括査定を利用することで全国550社のうちから最大6社を選んで査定依頼をすることができます。

そして、その中から最も高い価格で好条件の査定結果を出してくれた業者を選択することが可能となります。

売却が終わってから「もっと高い価格で売れたのでは・・・」と後悔しないためにもHOME4Uで比較見積もりすることをおすすめします。

ご利用者数年間400万人!売却査定数累計20万件!実績16年の信頼できるHOME4Uの不動産一括査定サービス

東証一部上場企業のNTTデータが運営する「HOME4U」は、全国にある大手不動産業者を含む500社の優良業者を厳選して提携している不動産一括査定サイトです。550社の不動産業者の中から最大6社を自由に選択し、一括してあなたの家の査定を無料で行ってくれるとても便利なサービスになります。

HOME4Uで家の一括査定をしてみる>>

家を売るときの10ステップをご紹介!この流れさえ理解しておけば失敗することはありません!

2017.02.05

スポンサーリンク

いつもご購読ありがとうございます!

東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県限定!高値売却のチャンス!

不動産一括査定に満足しなかった方はソニー不動産の無料査定をお試しください。「東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県」の1都3県限定になりますので、他府県の家を売る場合はご利用になれませんのでご注意ください。ソニー不動産だからできる高値売却の秘密は公式サイトでチェックできます。