家を売る時に必要な手数料

東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県限定!高値売却のチャンス!

家を売る時には不動産業者に依頼する事になると思いますが、不動産業者に依頼した際は手数料をお支払いするかたちになります。

この家を売る時にお支払いする手数料とは一体どのようなものなのでしょうか。

今回は家を売る時に必要な手数料について解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

家を売る時に必要な手数料とは

家を売る時には不動産業者に依頼する事になると思います。

この時に家の売却が確定すると、依頼した不動産業者に手数料をお支払いしないといけません。

いわゆる「仲介手数料」と言うものなのですが、これは不動産業者に家の売却を依頼した際は必ず必要になる手数料になります。

参考:家を売る時に支払う仲介手数料の計算方法

上記で仲介手数料の計算方法について詳しく解説しましたが、不動産業者が請求できる仲介手数料には上限があります。

その上限の範囲内なら不動産業者は自由に仲介手数料を請求する事ができるのです。

仲介手数料はあくまでも「成功報酬」になりますので、売買が成立していない場合はお支払いする必要はありません。

仲介手数料が不要な場合

家を売ると必ず仲介手数料をお支払いしないといけないのでしょうか?

と疑問に思っている方も多いと思いますが、実は家を売った場合でも仲介手数料を支払わなくても良い場合もあるのです。

  • 不動産業者が仲介手数料を要らないと言った場合
  • 不動産業者が仲介無しで買い取る場合

上記のような場合は、家を売った場合でも仲介手数料を支払わなくても大丈夫になります。

不動産業者が仲介手数料を要らないと言った場合

不動産業者が仲介手数料不要と謳って広告宣伝活動をしているのをたまに見かけますが、このようあ業者には仲介手数料を支払わなくて大丈夫です。

これは、あなたから仲介手数料を貰わない代わりに、専属で販売させてくださいと言う場合等です。

どういう事かと言いますと、売主であるあなたから仲介手数料をいただかない代わりに、専属で販売をして買主を見つけて買主から仲介手数料をいただきますという事なのです。

これだと、あなたから仲介手数料を貰わなくても買主側から仲介手数料を貰えるので損をする事は無いのです。

このようなパターンで逆の場合もありますね。売主から仲介手数料を貰うので、買主からは仲介手数料をいただかないので内で買ってねと言うような場合です。

不動産業者が仲介無しで買い取る場合

不動産業者が直接あなたの家を買い取る場合は仲介手数料を支払う必要はありません。

なぜなら、この場合は下取りであって仲介ではないからです。

ただし、不動産業者Aが仲介して、不動産業者Bが買取する場合は不動産業者Aに仲介手数料を支払わないといけないのでご注意ください。

業者が直接買い取る場合は仲介手数料不要なのですが、不動産業者Aが不動産業者Bを紹介してその業者Bが買い取る場合は、不動産業者Aが売主であるあなたと買主である不動産業者Bとを仲介する事になるので仲介手数料を支払う必要があるのです。

上記のようなパターンは仲介手数料を支払わなくても家を売る事ができます。

最近は仲介手数料不要と謳っている不動産業者が増えてきていますので、家を売る時は仲介手数料不要の不動産業者に依頼すると、家を売る際の諸費用負担が少なくなるのでお得です。

参考:家を売る時に必要な諸費用

仲介手数料がなくなるだけでも、かなり楽になるので不動産一括査定などを活用して、仲介手数料不要の不動産業者を見つけましょう。

参考:私が自宅の売却に成功した体験談

スポンサーリンク

いつもご購読ありがとうございます!

東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県限定!高値売却のチャンス!

不動産一括査定に満足しなかった方はソニー不動産の無料査定をお試しください。「東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県」の1都3県限定になりますので、他府県の家を売る場合はご利用になれませんのでご注意ください。ソニー不動産だからできる高値売却の秘密は公式サイトでチェックできます。