早く家を売るには不動産業者の販売活動状況を確認しよう!

東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県限定!高値売却のチャンス!

家を早く売るには販売力のある優良な不動産業者に仲介を依頼する事と、優秀な営業マンと出会う事です。

この2点さえ完璧にできていれば、最短で家を売る事に成功します。

とは言っても、販売力のある優良な不動産業者に出会うことができれば、もれなく優秀な営業マンが付いてくるでしょう!

>>家を売る時の優良な不動産業者の選び方

不動産業者と一口に言ってもさまざまで、積極的に販売活動を行っている業者もあれば、待ちを基本としている不動産業者もあります。

しかし、家を売るのであれば、積極的に販売活動をしている不動産業者に依頼した方が早く家が売れるのは言うまでもないのです。

ですから、まずは積極的に活動を行っている不動産業者で且つ仲介をメインとしている優良な不動産業者を見つける事が重要になてくるのです。

そんな優良な不動産業者を見付けるためには、HOME4Uのような不動産一括査定サイトを活用するのが最もベストな方法と言えるのです。

スポンサーリンク

仲介業者は売主への販売活動の報告義務がある

家を売る事が決まりましたら不動産業者に依頼する事になると思います。

そして、その際にあなたと不動産業者の間で「媒介契約」を締結します。

この媒介契約は、全部で3種類あって、

  1. 一般媒介契約
  2. 専任媒介契約
  3. 専属専任媒介契約

になります。

>>家を売る時の媒介契約とは

このいずれかの方法で、媒介契約を締結して、実際に家の販売活動へと移っていきます。

上記記事を参考にしていただければわかると思いますが、

例えば、専属専任媒介契約で不動産業者とあなたが契約を締結した場合は、契約締結後「5日以内に指定流通機構(レインズ)に登録する義務」があり、「1週間に1回以上の販売活動の状況報告をする義務」があるのです。

それから、専任媒介契約の場合は「7日以内に指定流通機構(レインズ)に登録する義務」があり、「2週間に1回以上の販売活動の状況報告をする義務」があるのです。

そして、一般媒介契約の場合は、指定流通機構への登録義務はありませんし、不動産業者に依頼主への報告義務はありません。

一般媒介契約に限り販売活動の報告義務は無いものの、他の2つは必ず販売活動の報告を売主にする義務があるのです。

それに、一般媒介契約の場合であっても報告義務がないだけであって、あなたから確認する権利はあるのです。

ですから、あなたの家を担当してくれている営業マンに販売活動をどんどん確認するようにしましょう。

上記の義務はあくまでも業者側からあなたに対しての義務になりますので、こちらから確認する分には1週間に1回や2週間に1回と言う決まりはありません。

特に担当営業マンが頼りない場合は頻繁に販売活動をしてくれているか確認するようにしましょう。

営業マンに確認したい販売活動の内容について

では、実際にどのような事を不動産業者に確認すれば良いの?

と言うことになると思うので、以下に簡単にまとめてみましたので参考にしてください。

指定流通機構(レインズ)に登録したのか

不動産業者は媒介契約を締結すると、それぞれの期間内に指定流通機構である「レインズ」への登録義務があります(登録義務は専属専任媒介・専任媒介契約のみ)

このレインズは、不動産業者間で物件の情報を共有できるサービスで、家の売却を早く成功させるのが目的であるインターネット共有システムなのです。

このレインズに登録する事で、あなたが売却を依頼している不動産業者以外の業者も、あなたの家を仲介として買主を探して売る事ができるようになるので、早く家を売る事ができるのです。

しかし、業者によっては悪意をもって故意的にレインズに登録をしない場合があるのです・・・

なぜそのような事をするのかと言いますと、仲介手数料を多く貰いたいからです!

不動産売買は売主と買主の双方から仲介手数料を貰う事が可能なのです。

これを業界では「両手」と言うのですが、レインズに登録をして他の業者が買主を見つけてしまうと、買主から貰えるはずの仲介手数料がもらえなくなってしまいますよね!

例えばあなたの家を売る事で100万円の仲介手数料を貰えるとすると、それは売主から貰える手数料であって、買主からも別に100万円貰う事が可能なのです。

つまり、双方から仲介手数料を貰う事が可能なので、合計200万円の仲介手数料欲しさに悪意ある不動産業者はレインズに登録しない場合があるのです。

これだと家が売れた時に、あなたが依頼している不動産業者は大儲けしますが、なかなか買い手が見つからず家を売るのにかなりの時間が必要となる場合があるのです。

レインズに登録するだけで反響の数は倍以上になりますし、圧倒的スピードでお客さん見つかるようになります。

ですから、媒介契約をした後は必ずレインズに登録をしているのか確認をするようにしてください。

販売活動を開始して3ヶ月以上購入希望者が見つからない場合は、もしかするとレインズ登録されていないかもしれません・・・

そのような場合は、すぐにでも媒介契約の解除をして他の業者に販売依頼するようにしましょう。

また、不動産業者によってはその家を見る評価が変わりますので、業者を変更すると100万円以上売値が上がる可能性もあります。

これが、複数の不動産業者に査定依頼するメリットでもあるのです。

HOME4Uの不動産一括査定サービスなら、全国1200社の優良不動産業者の中から最大6社に査定依頼をすることができます。

HOME4Uで家の一括査定をしてみる>>

広告は配布したのか?どのような広告を配布したのか?

家を売る為の販売活動のメインは「広告を配布すること」になります。

毎週土日になると、不動産広告やユニクロの広告等が大量に新聞折込みされると思います。

その不動産広告に自分の家がしっかりと掲載されているか必ず確認するようにしましょう。

この広告に「新着物件枠」や「特選物件枠」を設けて掲載してくれているかが、如何に早く家が売れるかのポイントとなるのです!

不動産業者によって広告の打ち方はさまざまですが、この広告の掲載方法によって家が早く売れるか売れないかが左右されると言っても過言ではありません。

ですから、あなたが依頼している不動産業者がどのような広告を配布しているのかを毎週確認するようにしてください。

また、不動産業者は新聞折込み広告以外にも手撒きのチラシをポスティングします。

意外とこのポスティングチラシが効果あったりするのです!

なぜなら、最近は新聞を購読している家庭が少なくなっているからです。

新聞を取っていないと、当然折込み広告が配布されないので広告を見る事がないですよね!

そういう場合は、直接自宅のポストに投函するポスティングチラシが効果抜群なのです!

ですから、しっかりと折込み広告とポスティングチラシの両方を配布しているかを確認するようにしましょう。

反響はあるのか?

広告に対する反響はあるのか?

これも重要ですね!

広告を配布しているにも関わらず反響が無いと言うことは、掲載方法が悪い場合や配布エリアが適切ではないと言う場合も考えられます。

反響がないなら、次の手をきちんと考えてくれているのか、反響があるのなら反響状況を確認するようにしましょう。

反響があっても不動産業者の対応が悪い場合は内覧まで持ち込む事ができません。

不動産業者の対応とはズバリ営業力の事になります。

如何に上手に物件の魅力を伝えて実際に見てみたいと思わせる事ができるかがポイントとなります。

そして、実際に案内をしてもらい物件を内覧してもらうのです。

人間は不思議なもので、実物を見ると欲しい気持ちが込み上げてくるのです!

ですから、家を早く売る為にも営業力のある不動産業者に依頼する必要があるのです。

好条件の不動産業者に売却を依頼しても、販売力がなければ売れる家も売れなくなってしまいますので注意が必要なのです。

そして、家が売れ残ってしまうと擦れてしまって誰も興味を持たない物件になってしまうのです・・・

家を早く売るには情報が新鮮なうちに売却してしまわないといけません。

つまり、売り出しを開始してから始めの1ヶ月が最も大切な時期と言えるのです。

1ヶ月目で買主が見つかる場合も稀ですが、早い場合はたった1週間で購入希望者が見つかる時もあります。

遅くてもせいぜい2~3ヶ月以内には買主を見つけておきたいですね!

以上のように少しでも早く家を売るには、不動産業者や担当営業マンの活動状況をしっかり確認するようにしましょう。不動産業者がしっかりとしていても担当営業マンが頼りないと必要以上に時間がかかってしまいますし、売れる家も売れなくなってしまう場合があります。ですから、完全に全てを業者に任せるのではなく、あなたからもどんどん攻めていくようにしましょう。こちらから状況を聞いて教えてくれない不動産業者はまず居ませんので気軽に聞いてみましょう。

1日でも早く家を売りたいなら不動産一括査定を利用しましょう!

不動産一括査定とは、インターネットを利用して無料であなたの家を査定してくれるサービスになります。

なぜ不動産一括査定を利用した方が早く家を売る事が可能なのかと言いますと、売却力の高い不動産業者しか提携登録していないからになります。

不動産業者は売却に自信があるからこそ、不動産一括査定に登録して参加しているのです。

ちなみに私がおすすめする不動産一括査定サイトはHOME4Uになります。

なぜHOME4Uをおすすめするのかと言いますと、全国550社の不動産業者が登録していることと、最大6社の不動産業者に同時に査定依頼できるからです。

しかも、HOME4Uは数ある不動産一括査定サイトの中でも老舗中の老舗で、運営歴16年以上の信頼と実績があります。

また、HOME4Uに不動産業者が提携登録するには厳しい審査にクリアする事と、過去の実績があることが条件になりますので実力(売却力)の無い不動産業者は登録できないようになっているのです。

つまり、HOME4Uには優良不動産業者しか登録できないと言うことなのです。

HOME4Uの詳細を公式サイトで確認してみる>>

家を売るならHOME4Uの一括査定で比較見積もりがおすすめ!な3つの理由

家を売るならHOME4Uの一括査定で複数の不動産業者に査定依頼をすることをおすすめします。

複数の不動産業者に査定依頼をした方が、比較見積もりできますので一番高い価格で家を売ることが可能となります。

理由①:街の不動産屋さんに家の売却依頼をすると100万円以上損をすることがある!

近所にある街の不動産屋さんは売却力に欠けています!そのため100万円以上損をすることもよくあるのです・・・

しかし、HOME4Uに登録している不動産業者は、信頼と実績が豊富な仲介を専門としている業者ばかりなので、最高額で家を売ることができるのです!

販売方法一つで家の価格は大幅に変わってしまいますので、後悔しないように注意が必要になります。

100万円以上高く売るならHOME4Uの一括査定をぜひご利用ください!

理由②:HOME4Uに提携登録している不動産業者は販売力が高い優良業者!

HOME4Uは不動産一括査定サイトの中でも実績16年の老舗になりますので、不動産業者が提携登録するにはかなり厳しい審査があります。

つまり、実績と信頼性が無い不動産業者はHOME4Uには登録できないと言うことなのです。

他の不動産一括査定サイトと比較するとよく分かりますが、HOME4Uに登録している業者数は半分ほどになります。

これは、お客様に安心して利用してもらうために、不動産業者を厳選しているからなのです!

ですから、HOME4Uには販売力が高く実績の豊富な優良不動産業者しか登録していないと言うことになります。

理由③:最も高い価格で家を売ることができる!

HOME4Uの一括査定を利用することで全国550社のうちから最大6社を選んで査定依頼をすることができます。

そして、その中から最も高い価格で好条件の査定結果を出してくれた業者を選択することが可能となります。

売却が終わってから「もっと高い価格で売れたのでは・・・」と後悔しないためにもHOME4Uで比較見積もりすることをおすすめします。

ご利用者数年間400万人!売却査定数累計20万件!実績16年の信頼できるHOME4Uの不動産一括査定サービス

東証一部上場企業のNTTデータが運営する「HOME4U」は、全国にある大手不動産業者を含む500社の優良業者を厳選して提携している不動産一括査定サイトです。550社の不動産業者の中から最大6社を自由に選択し、一括してあなたの家の査定を無料で行ってくれるとても便利なサービスになります。

HOME4Uで家の一括査定をしてみる>>

家を売るときの10ステップをご紹介!この流れさえ理解しておけば失敗することはありません!

2017.02.05

スポンサーリンク

いつもご購読ありがとうございます!

東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県限定!高値売却のチャンス!

不動産一括査定に満足しなかった方はソニー不動産の無料査定をお試しください。「東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県」の1都3県限定になりますので、他府県の家を売る場合はご利用になれませんのでご注意ください。ソニー不動産だからできる高値売却の秘密は公式サイトでチェックできます。