家を売るときの失敗例!自宅の売却で後悔しないために!

東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県限定!高値売却のチャンス!

長い人生ですが一生のうちにそう何度も家を売ることはないと思います。

家を売却すると言うことは一生に一度あるかないかだと思います。

家を売ると言うことは、それぐらい稀なイベントになりますので、自宅の売却で失敗しないためにも以下で紹介する失敗例を参考にしてみてください。

今回は家を売るときの失敗例をまとめてみましたので自宅の売却時にお役立てください。

スポンサーリンク

家を売るときに不動産業者の査定額に騙された失敗例

家の売却が決まりましたら不動産業者に査定依頼をするのが一般的になります。

この時に、面倒だからと言って1つの不動産業者にしか査定依頼をせずに、上手いこと口車に乗せられて100万円以上損をしてしまうケースが多々あります。

売主の希望としては「少しでも高い価格で家を売りたい」だと思います。

不動産業者もそれはよく分かってくれてはいるのですが、最終的には値下げが重なり損をしてしまいます。

家が売れないから値下げをすると言うことは良くある話なのですが、なぜ売れないのかと言うことが素人にはよく分かりません。

ですから、不動産業者としては「もう少し価格を下げると売れると思います・・・」と言う風にすすめてきます。

すると、売主としても仕方がないから値段を下げてしまう事になります。

しかし、ここで考えなければならないのが「本当に価格の問題なのか?」と言う点になります。

はじめの査定価格は相場よりも100万円以上高額だったから媒介契約を締結し、売却活動を依頼したのに最終的には300万円も値下げをして100万円以上損をしていた・・・

と言うことも良くあります。

しかし、これははじめの時点(相場よりも100万円以上高額)で気づかなければならない失敗なのです。

どこの不動産業者も売主を確保したいので「いい話」しかしません。

媒介契約を締結するまではいい話ばかりをして売主を喜ばせますが、実際販売活動をしてみるとなかなか売れないから値下げの話ばかりをしてくるのです。

値下げを了承する前に「なぜ売れないのか」と言うことを考える必要があります。

これは、不動産業者が考えると言うよりも売主が考えた方がいいでしょう。

例えば、

  • 販売活動に問題があるのでは?
  • 営業力に問題があるのでは?

と言う点になります。

家の売却活動を始めたけど反響が無い!?反響を増やすための解決策について

2017.02.06

つまり、自分たちの販売力や営業力の問題を棚に上げて価格のせいにしてくる不動産業者が多いと言うことです。

たしかに販売価格に問題がある場合もありますが、まずは依頼している不動産業者が本当に一生懸命販売活動をしているかどうかをチェックす必要があります。

早く家を売るには不動産業者の販売活動状況を確認しよう!

2016.08.13

家を売ると言うことは簡単なことではなく、全てを不動産業者に任せると大損してしまう場合もあるのです。

だからこそ、家を売るときは査定価格だけに騙されてはいけませんし、査定依頼を1社だけにするのはリスクが高すぎるのです。

家の査定額は査定を行う業者によって評価基準が異なりますので、大幅に価格差が開く事が良くあります。

ですから、家の売却が決まりましたらまずは「複数の業者に査定依頼」をして、その中で実際に話をしてみて出された査定額に信憑性のある、信頼のできる不動産業者を選定する必要があるのです。

1社だけの査定では分からないことがたくさんあります。

しかし、2社3社と話を聞くうちに分からなかったことが徐々に分かるようになってきますし、どれぐらいの価格が適正価格なのかと言うことも分かるようになってきます。

家を売るときに不動産業者の査定額に騙されて損をしないためにも、複数の不動産業者に査定依頼するようにしましょう。

HOME4Uの一括査定なら最大6社まで同時に査定依頼できるので、時間短縮にもなりますし大幅に手間が省けるのでおすすめです。

イエウールの一括査定は安心?安全?評判と口コミまとめ

2016.12.21

家を売るときに不動産業者を吟味しなかった失敗例

上記でも言いましたが、家を売るときは「複数の不動産業者に査定依頼をする」と言うことが重要になります。

そして、その中から各不動産業者を吟味して仲介を依頼しないといけないのです。

少し面倒ではありますが、そうすることで損をすることなく自宅を売却することができるのです。

なぜなら、不動産業者には得意な物件と不得意な物件があるからで、エリアに関しても同じ事が言えるからです。

大手の不動産業者だから安心!ということはなく、物件の種類や地域によっては中小の不動産業者の方が強い場合も良くあります。

多くの人は大手不動産業者のネームバリューを意識しすぎて、家の売却に失敗してしまっています・・・

知らぬが仏ではないですが、気づいていないだけなのです。

また、担当してくれる営業マンの営業力もかなり重要になってきます。

ですから、家を売るときは失敗しないためにも複数の不動産業者に査定依頼をして、各業者の営業マンと話をする必要があるのです。

そして、どのような販売戦略で家の売却活動を行ってくれるのか、営業力はあるのか、誠意をもって販売活動をしてくれるのか、信頼できるのかを吟味して仲介を依頼するようにしましょう。

その為にもまずはHOME4Uの一括査定でめぼしい不動産業者を見つけましょう。

家を売却する時に便利な不動産一括査定サービスのメリットとデメリットについて

2017.02.05

販売力のない不動産業者に依頼してしまった失敗例

家を好条件で売るには、売却を依頼する不動産業者の「販売力」がポイントとなります。

不動産業者を吟味せずに適当に選んでしまうと、販売力の無い不動産業者に仲介を依頼してしまっている場合があります。

一般的には売却活動開始から2~3ヶ月ほどで買主が現れて成立しますが、3ヶ月以上経過しても購入希望者すら現れていない場合は業者の変更を検討した方がいいでしょう。

しかし、面倒だからと言ってそのまま媒介契約を更新してしまうといつまでも売れることなく残ってしまう事になってしまいます。

そして、最終的に大幅な値下げをして大損するか、一生売れないまま残ってしまうかという状況に陥ってしまうのです。

そうならないためにも、不動産業者を吟味することは重要になってきますし、もし販売力の無さに途中で気づいたのでしたら勇気を出して業者変更するようにしましょう。

家が売れない!!自分の家が売れ残ってしまった時の解決策について

2017.02.07

このままでいいの?家を売り出してから仲介業者を変更したくなった場合の対処法

2016.09.04

家を売るときに価格交渉を考慮していなかった失敗例

家の売却活動をはじめると、購入希望者から購入申込みが入ります。

その際に必ずと言ってもいいほど「価格交渉」が入ります。

いわゆる値引き交渉です!

手元の残したいお金が3,000万円なのに、販売価格が3,100万円に設定していると「諸費用・仲介手数料・値引き」で手元に残るお金は3,000万円を切ってしまいます・・・

特に、家を買換えて住み替えをする時に古い家の売却資金を新しい家の購入資金で検討している場合は注意が必要になります。

そうならないためにもしっかりと資金計画を立てて売却活動をするようにしましょう。

買付証明書(購入申込書)を受取った時の価格交渉術を徹底解説!

2017.02.06

マンションを売って一戸建ての家を購入する「住み替え」の方法について

2017.02.02

家を汚いまま売却活動をしてしまった失敗例

売却するから汚いままでいいや!と言う売主が稀に居ますが、これは絶対に売れませんのでご注意ください。

家を売るときは必ず掃除をして綺麗な状態にしておきましょう。

遠方の家でなかなか掃除しに行けないと言う場合は、プロのハウスクリーニング業者に依頼することをおすすめします。

自分の立場になって考えると、誰も汚い家を買いたいと思いませんよね?

ですから家の売却活動をはじめる際は、リフォームとまでは言いませんがほこりや汚れの無い状態にして行うようにしましょう。

家の売却時期を間違えた失敗例

家の売却活動をする時に注意してほしいのが「時期」になります。

中古の家は、売れやすい時期と売れにくい時期があります。

万が一売れにくい時期に売却活動を開始してしまい、売れ残ってしまうと長期間売れ残ってしまうと言うリスクがあります。

基本的に中古の家を探している人は、毎日のように中古住宅のチェックをしていますので、売れ残り物件もある程度把握しています。

すると、売れ残り物件と言うレッテルを貼られてしまい敬遠されてしまう事になるのです・・・

ですから家を売却するのでしたら、不動産業者と相談していつから売り出し開始した方がいいのか作戦を立てるようにしましょう。

まとめ

家を売るときに失敗する例はたくさんありますが、代表的なものは以上になります。

家の売却で失敗しないために一番に考えないといけないことは「不動産業者選び」になります。

それに、全てを業者任せにするのも良くない事です。

家の売却が決まりましたら、まずはHOME4Uの一括査定を活用して、複数の不動産業者に査定依頼をしてみましょう。

そして、実際に会って話をして信頼できる不動産業者を見つけるようにしましょう。

家を売るならHOME4Uの一括査定で比較見積もりがおすすめ!な3つの理由

家を売るならHOME4Uの一括査定で複数の不動産業者に査定依頼をすることをおすすめします。

複数の不動産業者に査定依頼をした方が、比較見積もりできますので一番高い価格で家を売ることが可能となります。

理由①:街の不動産屋さんに家の売却依頼をすると100万円以上損をすることがある!

近所にある街の不動産屋さんは売却力に欠けています!そのため100万円以上損をすることもよくあるのです・・・

しかし、HOME4Uに登録している不動産業者は、信頼と実績が豊富な仲介を専門としている業者ばかりなので、最高額で家を売ることができるのです!

販売方法一つで家の価格は大幅に変わってしまいますので、後悔しないように注意が必要になります。

100万円以上高く売るならHOME4Uの一括査定をぜひご利用ください!

理由②:HOME4Uに提携登録している不動産業者は販売力が高い優良業者!

HOME4Uは不動産一括査定サイトの中でも実績16年の老舗になりますので、不動産業者が提携登録するにはかなり厳しい審査があります。

つまり、実績と信頼性が無い不動産業者はHOME4Uには登録できないと言うことなのです。

他の不動産一括査定サイトと比較するとよく分かりますが、HOME4Uに登録している業者数は半分ほどになります。

これは、お客様に安心して利用してもらうために、不動産業者を厳選しているからなのです!

ですから、HOME4Uには販売力が高く実績の豊富な優良不動産業者しか登録していないと言うことになります。

理由③:最も高い価格で家を売ることができる!

HOME4Uの一括査定を利用することで全国550社のうちから最大6社を選んで査定依頼をすることができます。

そして、その中から最も高い価格で好条件の査定結果を出してくれた業者を選択することが可能となります。

売却が終わってから「もっと高い価格で売れたのでは・・・」と後悔しないためにもHOME4Uで比較見積もりすることをおすすめします。

ご利用者数年間400万人!売却査定数累計20万件!実績16年の信頼できるHOME4Uの不動産一括査定サービス

東証一部上場企業のNTTデータが運営する「HOME4U」は、全国にある大手不動産業者を含む500社の優良業者を厳選して提携している不動産一括査定サイトです。550社の不動産業者の中から最大6社を自由に選択し、一括してあなたの家の査定を無料で行ってくれるとても便利なサービスになります。

HOME4Uで家の一括査定をしてみる>>

スポンサーリンク

いつもご購読ありがとうございます!

東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県限定!高値売却のチャンス!

不動産一括査定に満足しなかった方はソニー不動産の無料査定をお試しください。「東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県」の1都3県限定になりますので、他府県の家を売る場合はご利用になれませんのでご注意ください。ソニー不動産だからできる高値売却の秘密は公式サイトでチェックできます。