家を買い替えて住み替えをする為の3つの方法

東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県限定!高値売却のチャンス!

現在マンションや一戸建ての持家に住んでいる場合で、家を買い替えて住み替えを検討している人も居るのではないでしょうか?

家を買い替えて住み替える理由のほとんどは、

  • 家族が増えて狭くなった
  • 転勤が理由で家を買い替える
  • マンションよりも一戸建ての方がいいと思った
  • 子供たちが独立して夫婦二人になたので老後の為にマンションへ

だと思います。

住み替えを検討している人の理由はそれぞれだと思いますが、住み替えと一口に行っても方法は大きく分けると3パターンあります。

今回は家を買い替えて住み替える為の3つの方法について解説していきたいと思いますので、住み替えを検討している人は参考にしてみてください。

スポンサーリンク

家を買い替えて住み替える3つの方法とは

家を買い替えるには今住んでいる家を売却する必要があります。

もちろん、そのまま置いておいて賃貸しして賃貸収入を得ると言う方法もありますが、今回は今ある家を売却し新しい家を購入して住み替える為の3つの方法について解説していきたいと思います。

家を売るには大きく分けて、

  1. 今の家の売却と新しい家の購入を同時に行う
  2. 今の家を売却してから新しい家を購入する
  3. 新しい家を先に購入してから今の家を売却する

と言う感じで3つの方法があります。

それぞれの買い替え方法にメリットとデメリットがありますので、家の買い替えに失敗しない為にも自分たちの状況に応じた住み替えを選択するようにしましょう。

①今の家の売却と新しい家の購入を同時に行う

家を買い替えて住み替えを行う方法の一つに、

「今の家の売却と新しい家の購入を同時に行う」

と言う方法があります。

この方法による住み替えを行う人の多くは「住み替えローン」を利用しての買い替えになります。

今現在住宅ローンが残っている状況で、自宅を売却したお金だけでは住宅ローンの完済ができない場合で、新たに購入する為の住宅ローンに不足分のお金を上乗せして借りると言うローン商品が住み替えローンになります。

sumikae-loan

このように住宅ローンが残っている状況であっても、家を買い替えて住み替える事が可能となるのが住み替えローンになります。

ではこの場合のメリットとデメリットはどのようになっているのか見ていきましょう!

メリット

このパターンのメリットとしましては、古い家の売却と新しい家の購入を同時進行で行えるので、無駄を省く事ができ必要最低限の手間で済む事になります。

不動産の取引にはたくさんの書類が必要になります。

例えば、市役所でしか手に入らない「住民票・印鑑証明書・課税証明書」や、法務局でしか手に入らない「登記簿謄本・地積測量図・公図」等の必要書類を獲りに行く手間が1回で済むと言うことです。

しかも、同時進行で同時決済を行いますので、仮住まいをする必要もなく引っ越しも1回で済みますしいろいろな費用も削減できます。

デメリット

デメリットとしては、同時進行になりますので途中で混同してしまう可能性があると言うことです。

何が何だか分からなくなるような状況に陥る事が考えられます。

しかし、これは両方の取引を1社に任せることで全て上手い事指南してくれるのでカバーする事ができます。

つまり、売りの方も買いの方も同じ業者に依頼することで解決できると言うことです。

それよりも買う物件が決まっているのにも関わらず、売りで問題が起こった方が重大となります・・・

例えば、売りがほぼ確定していたから新しく買う家を契約したにも関わらず、何かしらのトラブルで売れなくなった場合です。

このようなトラブルが起こってしまうと、当然買いの方も上手くいかなくなってしまいます・・・

しかも、買いの方の売買契約で「買い替え特約」等を付けていない場合は大変な事になってしまうので注意が必要になります。

買い替えの場合で買い替え特約を付けていないと言う場合はほとんどありませんが注意が必要になります。

家を買い替える際に便利な「停止条件付契約」と「買い替え特約」について

2017.02.03

②今の家を売却してから新しい家を購入する

家を買い替える方法の一つに、

「今の家を売却してから新しい家を購入する」

と言う売り先行の方法があります。

家の売却を先行して行うことで、新しく購入する家の予算が組みやすくなります。

メリット

売り先行のメリットは、家を売ってから新しい家を購入する事になりますので、資金繰りが楽になります。

古い家の売却が完了しているので、後は新しい家の購入に必要な資金繰りをするだけになります。

ただし、あくまでも住宅ローンを完済して売却が先に行える状況に在る場合に限ります。

例えば、古い家に2,000万円の住宅ローンが残っていて、2,000万円以上で売れる場合か、1,800万円でしか売れなかった場合でも貯蓄で200万円を補って完済できる場合しかこの方法は利用できません。

デメリット

売り先行のデメリットは、「仮住まいをしないといけない」ことです。

先に家を売却してしまうことになりますので、新しい家を購入するまでの間賃貸マンションもしくは実家に仮住まいをする必要があります。

また、引っ越しも2回する必要がありますので、かなりの出費が必要になってきます。

家売却⇒引っ越し⇒仮住まい⇒家購入⇒引っ越し⇒新生活スタート

このように引っ越しを2回する必要がある事と、仮住まい中の家賃も必要になってきますので、最低でも50万円ほどは必要になるのではないでしょうか?

また、仮住まい期間が長引けば長引くほどその間の家賃がかさみますので必要なお金は増えてしまいますね。

③新しい家を先に購入してから今の家を売却する

家を買い替える方法の一つに、

「新しい家を先に購入してから今の家を売却する」

と言う方法があります。

新しい家を先に購入することで、ゆっくりと慌てずに家を売却する事ができます。

メリット

買い先行で先に新しい家を買うことで、ゆっくりと古い家を売却する事ができます。

ただし、古い家に住宅ローンがない場合か、古い家に住宅ローンがあったとしても新しい家の購入は現金で行う場合に限られます。

住宅ローンの資金使途は居住を目的とした家の購入になりますので、基本的に一人に一本になります。

家を先に購入する事で、引っ越しが1回で済むと言うことと、仮住まい探しの必要がないと言うことです。

また、古い家の売却時には既に誰も住んでいない状態の空家になりますので、内覧の案内が入っても慌てて片づけをする必要がないことと、業者も案内しやすいと言うこと、それから購入希望者も遠慮せずにじっくり内覧できますので売れやすいと言うメリットがあります。

デメリット

買い先行のデメリットは、古い家の売却代金を新しい家の購入代金に組み込めない事です。

つまり、売却代金に頼らずに新しい家を購入するだけの資金力が必要と言うことになります。

それから、当然ですが古い家に住宅ローンが残っている場合はこの方法での買い替えは難しいでしょう。

先程も言いましたが、二重に住宅ローンを組む事はむつかしいので、現金を用意できる人に限るのです。

家を買い替えて住み替える方法は基本的に上記の3パターンになります。現在住宅ローンがある場合はパターン①の同時進行で住み替えローンを利用する方法がおすすめになります。いずれにしても今の状況に合わせて住み替えの方法を選ぶと良いでしょう。

家を売るならHOME4Uの一括査定で比較見積もりがおすすめ!な3つの理由

家を売るならHOME4Uの一括査定で複数の不動産業者に査定依頼をすることをおすすめします。

複数の不動産業者に査定依頼をした方が、比較見積もりできますので一番高い価格で家を売ることが可能となります。

理由①:街の不動産屋さんに家の売却依頼をすると100万円以上損をすることがある!

近所にある街の不動産屋さんは売却力に欠けています!そのため100万円以上損をすることもよくあるのです・・・

しかし、HOME4Uに登録している不動産業者は、信頼と実績が豊富な仲介を専門としている業者ばかりなので、最高額で家を売ることができるのです!

販売方法一つで家の価格は大幅に変わってしまいますので、後悔しないように注意が必要になります。

100万円以上高く売るならHOME4Uの一括査定をぜひご利用ください!

理由②:HOME4Uに提携登録している不動産業者は販売力が高い優良業者!

HOME4Uは不動産一括査定サイトの中でも実績16年の老舗になりますので、不動産業者が提携登録するにはかなり厳しい審査があります。

つまり、実績と信頼性が無い不動産業者はHOME4Uには登録できないと言うことなのです。

他の不動産一括査定サイトと比較するとよく分かりますが、HOME4Uに登録している業者数は半分ほどになります。

これは、お客様に安心して利用してもらうために、不動産業者を厳選しているからなのです!

ですから、HOME4Uには販売力が高く実績の豊富な優良不動産業者しか登録していないと言うことになります。

理由③:最も高い価格で家を売ることができる!

HOME4Uの一括査定を利用することで全国550社のうちから最大6社を選んで査定依頼をすることができます。

そして、その中から最も高い価格で好条件の査定結果を出してくれた業者を選択することが可能となります。

売却が終わってから「もっと高い価格で売れたのでは・・・」と後悔しないためにもHOME4Uで比較見積もりすることをおすすめします。

ご利用者数年間400万人!売却査定数累計20万件!実績16年の信頼できるHOME4Uの不動産一括査定サービス

東証一部上場企業のNTTデータが運営する「HOME4U」は、全国にある大手不動産業者を含む500社の優良業者を厳選して提携している不動産一括査定サイトです。550社の不動産業者の中から最大6社を自由に選択し、一括してあなたの家の査定を無料で行ってくれるとても便利なサービスになります。

HOME4Uで家の一括査定をしてみる>>

家を売るときの10ステップをご紹介!この流れさえ理解しておけば失敗することはありません!

2017.02.05

スポンサーリンク

いつもご購読ありがとうございます!

東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県限定!高値売却のチャンス!

不動産一括査定に満足しなかった方はソニー不動産の無料査定をお試しください。「東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県」の1都3県限定になりますので、他府県の家を売る場合はご利用になれませんのでご注意ください。ソニー不動産だからできる高値売却の秘密は公式サイトでチェックできます。